« 『外科医ポン・ダルヒ』 | トップページ | パク・シニャンssiのファンミ »

『光州5・18』

518_2

意図したわけではありませんが「ポン・ダリ」からイ・ヨウォンつながりになりました。

[制 作 年] 2007年
[原    題] 華麗なる休暇 화려한 휴가
[監    督] キム・ジフン
[出    演] 

キム・サンギョン  → カン・ミヌ 
アン・ソンギ  → パク・フンス 
イ・ヨウォン   → パク・シネ 
イ・ジュンギ   → カン・ジヌ 
パク・チョルミン  → インボン 
パク・ウォンサン  → ヨンデ 
ソン・ジェホ  → キム神父
ナ・ムニ    → チャンスの母

[ストーリー]518 1980年5月18日、韓国・光州市。この町で25000余名の戒厳軍が民主化を要求する学生、市民らと衝突した“光州事件”…タクシー運転手の青年ミヌは早くに両親を失い、たった一人の弟ジヌと暮らしていた。父親代わりでもあるミヌは、弟に格別の愛情を寄せていた。そして、ミヌが想いを寄せる看護師のシネ。彼女は母親を亡くし、父親フンスとの二人暮らしだった。彼らの平和な日常は、その日を境に突如として襲った嵐のような戦禍にまみえていく。ミヌは、ただその現実が夢であることを願った。軍の銃弾に倒れた弟のジヌ。かけがえのない愛と命が次々と犠牲になっていく。ミヌは、ただ愛するものを守りたい一心で戦いを挑んでいくのだが…。  ~映画紹介より~

**********************************

1980年、この年日本では山口百恵さんの結婚引退宣言でマスコミは賑わい、あの大貫さんが1億円の入ったバッグを拾ったことで世間は騒いでいましたね。大平首相が在任中に心筋梗塞で倒れられ亡くなったのもこの年でしたね。

私自身もまだ政治など一切関心がなくすぐ隣の国でこんな凄惨な事件が起きていたなんて知る由もなかったです。

『光州事件』と言う言葉と何か韓国で血なまぐさい事件がおこったということを聞いた覚えはあっても当時の自分には何の感覚もなかったはずです。

5183 この映画ストーリーの設定は勿論創られたことではありますが少なくとも同じような体験を持つ方はいたことでしょう。あまりに酷くあまりに凄惨なこの事実を韓国の監督が手がけてメディアに送り出したと言う気概を高く評価したいと思います。監督自身のインタビューでも『埋もれていた事件の真実を国民に知らせ、自分も無知だったことを犠牲者の方々に懺悔(ざんげ)する映画を、いつか立派な監督になったら作りたいと思っていた。立派な監督にはまだなっていないが(笑)』と、仰っています。

このキム・ジフン監督は私の好きな映画『木浦は港だ』の監督さんなんですよね。詳しくはここで。でもかなり好みが分かれる作品ですけど・・・(笑)

もちろんこの映画の描き方に反感を覚える人も嫌悪感を覚える人もいると思いますがこのような出来事がまだ30年にも満たない前にあったということを知ると言う意味では多くの人に見てもらいたい作品と言えるのではないでしょうか。

前半の麗らかさと微笑ましさから一変していく事態には恐ろしさと哀しさと切なさと悔しさで涙が止まりませんでした。

『俺たちは暴徒じゃない!』と叫んだミヌの言葉や、市民軍が攻撃される前夜『私たちを忘れないでください』と拡声器を持って街中を回るシネの声にこの映画の心が見えるような気がしました。

ただこの映画の中で何故光州だったのか、何故一般市民がいきなり兵士に殴り殺されなければならなかったのかという説明や、当時の詳しい軍事政権などは説明されていないので前もって少し知識を持ってから見たほうがより一層理解できるかもしれませんね。

|

« 『外科医ポン・ダルヒ』 | トップページ | パク・シニャンssiのファンミ »

韓国映画(か行)」カテゴリの記事

コメント

あんにょにょにょにょにょ~ん!
キャサリンさん!

良かったぁ~って言っていいのか、、、すごく複雑な映画だったけど。。。すごく考えさせられるのと同時に、その悲惨な出来事の中にも”愛”が含まれているという、この演出がたまらなくボクのツボにはまっちゃったよぉ~!涙が涙が鼻水がぁ~!

ほんとうに悲惨な出来事だったんだね。。。でももっと隠された事件がたくさんあるんだろうな。。。なんだか切ないね。。。

投稿: あっしゅ | 2008/06/08 00:35

あっしゅさん、あんにょんにょーん!

本当に感動と言うにはあまりにも切なすぎる映画でしたね。日本が平和に慣れてしまっていたあの頃にあんな悲惨な出来事があったなんて…
心が痛みました。

あんな状況下での愛する者を守ろうとしたそれぞれの行動には私も涙が止まりませんでした。

投稿: キャサリン | 2008/06/08 19:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95449/41301778

この記事へのトラックバック一覧です: 『光州5・18』:

» 華麗なる休暇 [スンホニ ときどき Jisub のちODA]
1980年、娘が生まれる5年前の実話をもとにした映画、 「華麗なる休暇」。 2007年7月に公開された映画です。 観たい観たいと思っていてやっと観ることができました。 [続きを読む]

受信: 2008/05/25 19:42

» 「光州5.18/華麗なる休暇」韓国の現代史から学びたい [soramove]
「光州5.18/華麗なる休暇」★★★★オススメ アン・ソンギ 、キム・サンギョン 、イ・ジュンギ 主演 キム・ジフン 監督、韓国、2007年、121分 昨年公開され歴代トップテンに入るヒットを記録した 魂の映画、いよいよ公開 1980年5月18日、その日 軍事政権と...... [続きを読む]

受信: 2008/06/05 07:47

» 封印が解かれた光州事件の映画 『光州5・18』 [千恵子@行政書士]
封印が解かれた光州事件の映画 『光州5・18』韓国は一番近い「国」。すぐ隣りなのに報道も少なく知らされざる地。その半島最南端、全羅南道の道庁所在地で1980年に起きた光州事件は、日本では話題にもなっていない。韓国でも軍事政権の情報操作で、長らく封印されていた事件。 映画『光州5・18』を作ったキム・ジフン監督は、事件当時は9歳。戒厳令下の報道は民衆を「暴徒」扱いしていた。真実を知らされなかったとはいえ、知らなかった自分を恥じた監督は、資料を調べ、当時の関係者からの丹念な聞き取りで完成させた作品だ。... [続きを読む]

受信: 2008/06/06 18:52

« 『外科医ポン・ダルヒ』 | トップページ | パク・シニャンssiのファンミ »