« 『Sweet Rain~死神の精度~』 | トップページ | 『最強ロマンス』 »

『ス(壽)』

Soo

「韓フェス2008」上映作品です。

[制 作 年] 2007年
[原    題] 壽(ス) 
[監    督] 崔洋一
[出    演] 

チ・ジニ    → チャン・テス/テジン
カン・ソンヨン   → カン・ミナ 
ムン・ソングン  → ク・ヤンウォン 
イ・ギヨン     → ナム・ダルグ 
チョ・ギョンファン  → ソンイン
オ・マンソク   → ほくろ 
チェ・ドンムン   → イ・ウォンジェ
       

『血と骨』の崔監督の作品として結構話題になっていたのですごく興味があったのですが、実際『血と骨』はすごい映画だとは思うのですがあまり好きじゃないって言うのが本音です。

[ストーリー]Su

暗黒街の最高の殺し屋。自分を育ててくれたソンイン以外の誰にも顔を現さないまま、「仕事人 壽(ス)」と呼ばれているテス。彼の人生の目標はただ一つ、19年前に空腹に耐えられずに麻薬組織の金を盗み、身代わりで捕まってそのまま別れてしまった双子の弟テジンに会うこと。しかしやっと探した弟に会う日、テジンはテスの目前で頭に銃弾を受けて即死してしまう・・・

        < 映画紹介より >

********************************

優しい男のイメージが大きいジニ氏ではありますが、あまり感情を顕にしない静かな殺し屋の役にすごくはまっていてゾクゾクしてしまいました。彼の筋肉の塊みたいな体がちょっとセクシーでこれであと少し上背があったらもっと好みなんですけどねsmile

そして相手役のカン・ソンヨンは大好きな女優さんの一人なんです。すごくサバサバしていそうで男っぽいのかなとも思うのですがこちらも女の私から見てもセクシーな部分があるステキな女優さんですよね。

そのほかの俳優陣も『恋人』のサンテクことイ・ギヨン氏、『オールイン』のオアシスグループ会長ことチョ・ギョンファン、『恋するハイエナ』のオ・マンソク『魔王』カン・ヒスことチェ・ドンムンなど顔馴染みな俳優さんも多く出演していました。

Tijini ストーリーはちょっと『復活』みたいで目の前で殺された弟に成り代わっての復讐劇。自分が殺し屋「壽(ス)」なのに殺された弟の職場がその殺し屋を追い詰める警察なんですね。

その職場には弟の恋人がいてまずその恋人に偽者だとバレ、同僚のナム刑事にも「壽」だということ感づかれ、弟を殺した組織からも執拗に狙われる・・・

ここからのストーリーはかなりのハードボイルドでジニ氏はカッコいいんですが残虐なシーンも多いし血しぶきが飛ぶは飛ぶはで女性にはかなりきついんじゃないでしょうかね~。

各言う私もあまりの「痛さ」に思わず目をそらしてしまうシーンも結構ありました。

心臓の弱い方、残虐な場面が苦手な方には決して薦められませんね。

テジンの恋人(カン・ソンヨン)との路線にもう少し味わいが合ったらただの復讐劇っぽくなかったんでしょうけど監督の理念にあわないのかなぁ~。

|

« 『Sweet Rain~死神の精度~』 | トップページ | 『最強ロマンス』 »

韓国映画(さ行)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、てるみくらぶの阿波と申します。
この度7月5日(土曜日)に行われる「2008年1stファンプロモーションin Seoul」への参加ツアーを企画させていただきました。
話題の『スポットライト』の映像も早く見たいですね。チ・ジニさんを愛する皆様一緒に応援しましょう!
詳しくは↓
http://www.tellmeclub.com/tmc/JJH/index.html

投稿: てるみくらぶ 阿波 | 2008/05/17 12:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95449/40643386

この記事へのトラックバック一覧です: 『ス(壽)』:

« 『Sweet Rain~死神の精度~』 | トップページ | 『最強ロマンス』 »