« 『いい男バトン』 | トップページ | みなさん、良いお年を!! »

『どこかで誰かに何かあれば間違いなく現れるホン班長』

20050825puraha テレ東で『プラハの恋人』が始まりましたね。まだ1話しか見てませんが面白そうです!それにちなんでキム・ジュヒョク主演の映画を選んでみました。

4877_l_12005年のシネマコリアで上映された作品です。

[制 作 年] 2004年
[原    題] どこかで誰かに何かが起こると必ず現れるホン班長( )
[監    督 脚  本] カン・ソッポム

[出    演] 

キム・ジュヒョク  → ホン班長
オム・ジョンファ  → ユン・ヘジン 
キム・ガヨン    → ミソン看護士
キ・ジュボン    → ヘジンの父 
        

【ストーリー】ソウルで歯科医として働くへジンは生真面目が災いして上司からの理不尽な叱りを受けたことでつい辞表を出してしまい失業してしまう。再就職もままならず開業しようとするが都会はオフィスを借りるのも高く無理そうだ。たまたま訪れたソウルから離れた田舎町で開業しようとして紹介されたのがホン班長だった・・・・

神出鬼没、変幻自在のホン班長は定職を持たない何でも屋。しかし彼は町中の人に信頼されどんな仕事も完璧にこなしてしまう謎の人物だった。へジンとホン班長は何かとぶつかリ合うがひょんなことから意外な関係に・・・・30代の男女が、子供みたいに意地を張り合いながらも次第に恋に落ちていく様子を生き生きと描いたロマンチック・ラブコメディです。

*********************************

実に長いタイトルですがどうやら韓国映画で一番長いタイトルのようですよ。

Hon オム・ジョンファとキム・ジュヒョクは前の年の作品の『シングルス』でも競演をしていますね。そのときも思ったのですがキム・ジュヒョクは決して正統派のハンサムではないのですがとても人なつっこい感じを見ている側に持たせてくれる俳優さんです。そう、不思議と見ているうちにちょっとステキかも・・・って思っちゃうんですよね(笑)

オム・ジョンファは美人だけれどど凄く独特な雰囲気を持っている女優さんでかわい子ちゃん的な要素より(年齢のせいもあるのでしょうが・・・)意思のある個性的な役やかなりセクシーな役ががぴったりくると私は思っています。

そして、この『ホン班長』は思いのほかキム・ジュヒョクのイメージとぴったりでした。本当に誰かに何かがあると必ずそこにはホン班長が現れて解決してくれるんです(笑)機械も直せる、家もリフォームも出来る、歌も歌える、警察にも顔が利くその上喧嘩が強くて少し謎めいている・・・。こんな男性が側にいたら気になって仕方がないかもしれませんね。

オム・ジョンファ演じるヘジンも開業するお金が少ししか無いとか働かなきゃ食べていけないとか言っているので貧乏なのかと思いきや大金持ちのお嬢様だったんですね。でも自分の足でしっかり立っていることに凄く好感が持てました。そして何よりだんだんと二人が距離を縮めていくエピソードや年もいっているのでなかなか素直になれないヘジンの気持ちもしっかりと伝わってきました。ホン班長も表面的には全然見せないけど実は生い立ちから本気で人を愛することに負い目や不安を持っている一面をヘジンにそっと話すとこはとっても良かったです。

私的にこういう映画は韓国映画が一番だと思いますね〜。結構お気に入りの映画でした。

ちなみにこのカン・ソッポム監督の最新作はキム・レウォン君主演の『』(ひまわり)なんですね〜。こちらも今から日本での公開を楽しみにしているキャサリンです。

|

« 『いい男バトン』 | トップページ | みなさん、良いお年を!! »

韓国映画(た行)」カテゴリの記事

コメント

突然で申しわけありません。現在2006年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.mirai.ne.jp/~abc/movieawards/kontents/index.htmlです。

投稿: 日本インターネット映画大賞 | 2007/01/01 11:16

こちらにも~ふたたび、komachiです。

>不思議と見ているうちにちょっとステキかも・・・って思っちゃうんですよね…

あはは、「プラハの恋人」と「シングルス」を見て、まったくおなじコトを思ってました!^^
しばらく、ジュヒョクにちょいハマリ中です。
「クアンシクの弟クアンテ」もまたまたはまり役で、よかったです。
このホン班長も見たいのですが、DVDが売り切れだったりで、見つけられていません。タイトルを正確に入れないと、検索できないのかしら~(苦笑)。
キャサリンさんは見られたんですね、チョッケッタ~♪
レビューを読んで、いっそうみたくなりました。

投稿: komachi | 2007/01/10 16:41

komachiさん、こちらにもコメントありがとうございます。
キム・ジュヒョクってなんか愛嬌のある顔つきなので親しみやすい感じですね。
「クアンシクの弟クアンテ」はまだ観ていないので是非日本でも上映して欲しいです。

これは昨年シネマコリアで上映されたんですが字幕つきのDVDって出てませんよね?
日本でもウケると思うんですがね~

また、お立ち寄りくださいね。

投稿: キャサリン | 2007/01/10 23:31

あんにょん~。キャサリンさんおすすめの「ホン班長」みました!
面白かったです!やっぱりジュヒョクはこういう役柄が合いますね。はっきりしないキャラというか…かといってミステリアス、というほどのかっこよさじゃない感じが彼らしいです。(笑)
オム・ジョンファもすごく上手くて、大人のラブストーリーで楽しめました。

↑の新しい記事でジュヒョクの恋人のキム・ジスさんのことが出てましたが、楚々とした美人ですね~。^^

投稿: komachi | 2007/03/29 21:53

komachiさん、こんばんわ~
コメントありがとうございます!
超カッコよいとはいえないキム・ジュヒョク氏ですが本当にいい雰囲気を持った俳優さんだと思うんですよ。オム・ジョンファも「シングルス」以来好きな女優さんなんですよね。ヘジン的なキャラがよく似合ってましたね。

投稿: キャサリン | 2007/03/29 23:48

キャサリンさんこんにちは!
私も去年暮れこの映画を見て、直ぐこの映画がお気に入りになりました。こういう映画が仰るとおり一番良いですよね、、それなのに、、如何してこの映画アンマリ知られてないのかとっても残念で勢いでブログを始めてしまいました笑。罪な映画です笑。

しかし今年はリアル視聴を無謀にも3つやる事になってしまい笑、レビュー外今頃になってしまいました笑。やっと今頃書き終えて、komachiサンの所からお邪魔しました。素敵なサイトでたくさんレビューも書いていらして大変勉強になります。是非TBさせて下さい。これからも又遊びに来させてください!よろしくお願いいたします。

投稿: Lime | 2007/10/09 20:23

Limeさん、こんばんわ~!
はじめまして<(_ _)>

こういう面白さって韓国映画独特の世界があっていいですよね。
キム・ジュヒョクにもオム・ジョンファにもぴったりな役柄だったように思います。

これからもどんどん遊びに来てくださいね~!
私も近々お邪魔させていただきま~す☆

投稿: キャサリン | 2007/10/10 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95449/13199163

この記事へのトラックバック一覧です: 『どこかで誰かに何かあれば間違いなく現れるホン班長』:

» ホン班長 [Milk Tea]
『どこかで誰かに何事か起きると、間違いなく現われるホン班長 』 ( /Mr... [続きを読む]

受信: 2007/10/09 20:24

« 『いい男バトン』 | トップページ | みなさん、良いお年を!! »