« 『サッド・ムービー』 | トップページ | 『宮』なかなかおもしろいじゃん! »

『ウィンター・ソング』

323331view001【製作年】2005年

【製作国】香港

【監  督】ピーター・チャン

【出  演】

金城 武  →  林見東(リン・ジェントン)

周迅(ジョウ・シュン) → 孫納(スン・ナー)

張学友(ジャッキー・チュン) → 聶文(ニエ・ウェン)

池珍煕(チ・ジニ) → 天使 

【ストーリー】
323331view003 映画監督を目指す見東(金城武)と女優を夢見る孫納(ジョウ・シュン)が出逢い愛し合った。それは無垢で純真で壊れやすい愛だった。
冬の北京。雪の降る朝、別れは突然訪れる。孫納は、夢を叶えるために愛を捨てた。
見東にとっては、永遠に冬が続くかのように、その時から世界は止まってしまった。
それから10年。
映画俳優になった見東と女優の夢を実現した孫納は、上海でミュージカル映画の共演者として運命の再会を果たす。

*******************************

002_1 林見東と孫納と聶文との絡まりあった愛の内容とミュージカルの内容が交差し、重なり合って物語が展開していきます。この映画の重視点は愛という形をただ美しいものとしてだけじゃなく、執着や裏切り、憎悪や復讐、そして嫉妬や賞賛など様々な心の葛藤を回想やミュージカルという劇中の中で表現していることだと思います。

劇中のよく歌われていた“外の世界を素晴しいと思ったとき僕は君を心から祝福しよう・・・”という「外の世界は素晴しい」という曲・・というよりもこの歌詞が印象的で、恋人の監督がわざわざ台本を書き換えてスンナーと撮ったラストシーンやジェントンが憎しみだと思っていたスンナーへの感情がやはりそれも愛だったことに気づきながらも去っていくシーンなどに投影されているように思いました。

005_1 天使という役柄で出演しているチ・ジニはそれぞれの登場人物の分岐点に姿を現しさりげなく会話を交わしていくだけなのですがそこにとても癒しがあったような感じです。ミュージカルの中にも登場し金城武やジョウ・シュン、ジャッキーチュンに劣らないほどの美声も聞かせてもらえます。

|

« 『サッド・ムービー』 | トップページ | 『宮』なかなかおもしろいじゃん! »

映画(邦画・洋画等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95449/12700533

この記事へのトラックバック一覧です: 『ウィンター・ソング』:

» 「ウィンターソング」:青山学院前バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}この青山劇場は、本田美奈子さんが2000年10月にデビュー15周年記念リサイタル「歌革命」を開いたところなのよね。 {/kaeru_en4/}その本田美奈子と金城武が共演したのが、ピーター・チャン監督の「ウィンターソング」ってわけだ。 {/hiyo_en2/}ちょっ、ちょっと待って。「ウィンターソング」に本田美奈子なんて出演してないわよ。 {/kaeru_en4/}じゃあ、あの金城武の相手役の女優は誰だ? {/hiyo_en... [続きを読む]

受信: 2006/11/21 21:45

« 『サッド・ムービー』 | トップページ | 『宮』なかなかおもしろいじゃん! »