« 『ドクター ボン』 | トップページ | 『潜伏勤務』 »

『君に捧げる初恋』

Crazy

[製 作 年] 2003年
[原    題] 初恋死守決起大会 
[英 語 題] Crazy First Love
[監    督] オ・ジョンノク
[出    演] 

チャ・テヒョン  → ソン・テイル
ソン・イェジン  → チュ・イルメ
ユ・ドングン   → チュ・ヨンダル
ソン・ジル   → カンチョル
イ・ビョンウク  → イ・スンノ
         
      
    

【ストーリー】9564bfbe6e3b85144a0657eaa4bb11f8 IQ148にして高校一の問題児テイルの夢は、幼なじみの美少女イルメとの結婚のみ。しかしイルメの父で、テイルの担任教師ヨンダルは、そんな落ちこぼれに娘を渡す気などさらさらない。そこでヨンダルは、テイルに「全国3000番以内の成績を取れ」など次々と難題を突きつける。テイルは将来の父に認められようと、初恋の君には指一本触れず勉強に明け暮れる。しかし当のイルメは、テイルとヨンダルの知らないところで恋人を作ってしまい…。
**********************************

前半はテヒョン君がクルクルのオバサンパーマ頭で叫んだり暴走したりとかなりハチャメチャな展開です。そしてテヒョン君の天敵とも言える初恋の君イルメの父ヨンダル。『大変な結婚』でキム・ジョンウンの長兄役が印象的だったユ・ドングンが演じています。この二人の体を張ったやり取りがかなり笑えますが、殴ったり蹴ったり罵ったりする割には二人の間には親子の情のようなものが存在しているところが韓国ドラマっぽいですね。

Hatukoi テイルの初恋の相手イルメを演じているのはソン・イェジン。彼女はこの作品の前は『ラブストーリー』や『永遠の片思い』なのでコメディー映画は初めての出演となりますね。まぁ彼女にドタバタや下ネタは似合いませんが頭から水をかぶったり水着姿で登場したりと頑張ってはいました。テヒョン君とは『永遠の片思い』に続いての共演なんですね。

キャストはそれぞれに持ち味を出しているのですがなんとなくシナリオが荒っぽい感じで感情の流れがうまく伝わってこないところが残念な気がしました。男同士の関係はなかなかいいんですがね。

二人の恋の行方にしてもただただイルメのお父さんとの約束を果たそうとするテイルのがむしゃらさとそれを疎ましそうな顔をしながらも待ち続けているイルメとの恋の様子がもう少し表現されていればある事情によって心変わりをしたイルメの本心が解った時にもっと感動できたのかもしれません。

とは言うものの、酔いつぶれたお父さんをテイルが負ぶって帰り、呼び鈴だけ押してその場を立ち去ったテイルを追いかけてきたイルメが、やっぱり本当のことを言えずに去って行くテイルの後姿にどうして自分が他の男と結婚すると決めたのかをつぶやくそのシーンはさすがにジーンときました。

559abbb3b04f9e1bdfbb5edca7f2327c ただその理由が韓国モノお決まりのあれですから・・・・

前半あれだけあり得ないほどにハチャメチャだったんだから後半ほろっとさせても最後の締めはもっと笑いたかったな。病気も治しちゃうくらいの勢いがよかったです。

余談ですがテヒョン君のお尻はぷにょぷにょしていそうな感じでした(笑)

|

« 『ドクター ボン』 | トップページ | 『潜伏勤務』 »

韓国映画(か行)」カテゴリの記事

コメント

キャサリンさん、あんにょん♪
下品ネタちょっと苦手なんだけど、配役悪く無いので、ピュアな感じで作ったらもっと素敵だったのにな~って思います。
最後の感じだと病気治る感じじゃ無いよね!
私も前半のハチャメチャな感じから治るのを期待したんだけどな~
TBありがとうございます!私もしました~

投稿: 青き星 | 2006/11/10 16:02

青き星さんアンニョ~ン☆
そうですね~。ピュア路線を強調した方がよかったかもしれませんね。ちょっと笑が空回りしてましたよね。

ラストも治っちゃってメチャクチャハッピーエンドにすればコメディー路線でもよかったかもね。

またお立ち寄りくださいね。

投稿: キャサリン | 2006/11/12 08:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95449/12434186

この記事へのトラックバック一覧です: 『君に捧げる初恋』:

» 君に捧げる初恋 [青き星に]
チャテヒョンさん(テイル役)・ソンイェジンさん(イルメ役)出演の「君に捧げる初恋」見ました。 [続きを読む]

受信: 2006/11/10 15:58

« 『ドクター ボン』 | トップページ | 『潜伏勤務』 »