« 『スーパースター カム・サヨン』 | トップページ | 『公共の敵』 »

『デュエリスト』

Main_2[制 作 年] 2005年
[原    題] 刑事 Duelist  Duelist
[脚    本] イ・ミョンセ
[監    督] イ・ミョンセ

[出    演] 

ハ・ジウォン  → ナムスン
カン・ドンウォン  → 悲しい目
アン・ソンギ   → アン捕校
ソン・ヨンチャン → ピョンパン
ユン・ジュサン  → ポンチュル
ト・ヨング    → 従事官
シム・チョルジョン → マ・チュクチ
      

【ストーリー】D7383cc3

時は朝鮮王朝。世間を騒がす偽金事件を捜査するため、人々で賑わう市場に潜入した女刑事ナムスンは、仮面の男の華麗な剣の舞に目を奪われる。次の瞬間、小さな金の仏像の受け渡しをしていた男たちが斬り捨てられる。犯人は仮面の男だ。ナムスンは男を追って剣を交えるが取り逃がしてしまう。残されたのは、仏像に隠されていた偽金用の鋳型と、割れた仮面から覗く哀愁を帯びた眼差しの面影。それが刺客「悲しい目」との出会いだった。

***********************************

ハ・ジウォンの女刑事と贋金作りいうとどうしても「茶母」を思い出しますね。ナムスンが『ナウリ〜』と言うとイ・ソジンが出てきそうで・・・(笑)

007 カン・ドンウォンは殆どセリフがないと聞いていたのですが思っていたよりありました。

名前も無くしただただ刺客として生きてきた彼が人として一人の女を愛した・・・しかしそれは敵として戦わなくてはならない運命の人だった・・・って感じですね。

『茶母』を見てしまったのでストーリーにも構成にもあれほどの感銘を受けなかったのですがこの映画はどちらかと言えばストーリーよりも映像重視的な感じがします。

スローモーションを使った技法は部分的ならインパクトもありますが少々多く使いすぎている気もしました。かえって動きを感じられず残念な気がしますよね。ただ剣術を習う前にタンゴのレッスンを受けたと言うだけあってナムスンとの闘いやカン・ドンウォンの剣さばきには舞踏を思わせる動きがありました。

ストーリーの流れでプツップツッとシーンが途切れていくのがちょっと気になったかな。きちっと成り行きを見せないことで興味をかきたてていく作りなのかもしれませんが全部がそうだと尻切れトンボのように感じられてしまうかもしれませんね。

004 こんな風に色々行ってますが全体的にはきれいな映像と悲しげで強くて華麗なカン・ドンウォンはどっから見てもいい男だし、ハ・ジウォンも宿命の相手への切ない思いをコミカルの中に女性らしさを出して好演していたと思います。

この映画に香港映画のようなスピード感と中国映画のような色彩感が加わったらもっとスケールの大きな作品になっていたかもな〜〜☆

アン・ソンギは今回案外軽い感じの役でいつもほどの存在感は感じられませんでしたが要所要所では味のある役どころになっていました。すごくお勧め!の映画じゃないけどドンちゃんファンはうっとりでしょうねぇ、きっと☆

|

« 『スーパースター カム・サヨン』 | トップページ | 『公共の敵』 »

韓国映画(た行)」カテゴリの記事

コメント

キャサリンさん♪ こんにちは!
私のお仲間うちでもあまり評判は良くないのですが、わたしはこの映画結構よかったです。
綺麗な映像を楽しめたのと、悲しい目の名前の部分の裏読みはとくに楽しめたのですが...
ちょっといつものハジウォンさんの良い部分は弱かったかな...
って今は思ってます。
また、立ち寄ります。

P.S.下の記事でスーパースターカムサヨンご覧になってるの流石だなぁ~って思いました。チラシだけみてるんですけど...

投稿: じゅん | 2006/09/18 08:43

じゅんさんこんにちは~♪
TB、コメントありがとうございました。
確かに映像としては綺麗でカン・ドンウォンの動きにも華麗さがありましたね。
ストーリーは悲しい運命のもとに生きてきた男が最後に人としてひとりの人間を愛してただの刺客としてでなく人間として死んでゆく運命を選んでいく悲しくてもきれいなストーリーだったと思います。

カム・サヨンはボムス氏に会いたくて頑張って行きました。
映画もよかったですよ。
お時間ありましたらぜひ見に行ってください。

投稿: キャサリン | 2006/09/18 17:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95449/11761908

この記事へのトラックバック一覧です: 『デュエリスト』:

» デュエリスト [月の影]
デュエリスト デラックス版 今日は 韓国アクション映画 『デュエリスト』 『オオカミの誘惑』のカン・ドンウォン  『恋する神父』のハ・ジウォンという  韓国の人気若手俳優さん2人が出演です カン・ドンウォン やっぱ男前っすね〜  何とも長髪なびかせ UNSEXな感じが   女心くすぐるんでしょう(*´I`)(´I`*)ネー そして ハ・ジウォン  やっぱ 元気のある配役で 彼女は元気あるほうが面白い   何とも 表情豊かで 眼でも演技できる    ピエロ肌って感... [続きを読む]

受信: 2006/09/13 11:43

» 『デュエリスト』みましたぁ! [韓ドラのたまり場]
『デュエリスト』カンドンウォン、ハジウォン共演 《韓題... Duelist》 イミョンセ監督.....2005年作品 junsanga的評価 ★★★★☆ (迷ったけど、4つ...) 【1】この映画の評判ってあまり良くないのは事前に知っていたので、それほど期待しないで行っ...... [続きを読む]

受信: 2006/09/18 08:36

» NO.170「デュエリスト」(韓国/イ・ミョンセ監督) [サーカスな日々]
異形なふたりのデュエリストは、 舞踏のように剣を交わし、性愛を代替する。 この作品は、韓国の人気コミック「茶母」を原作としている。茶母(ダボ)というのは、食母(シンモ)、針母(チムモ)と同じく、ヤンバン階層(社会階級の一番上の階層)の下働きを引き受け、「女刑事」とでもいうべき「捜査権」が与えられている。ダボはしかし、賎民であり、身分としては奴婢(朝鮮時代の最下層階級)とそう異なるわけではない。 日本でもファンが多いテレビ�... [続きを読む]

受信: 2006/09/20 15:35

» カン・ドンウォン [韓流スター情報館]
カン・ドンウォンはクールな顔立ちと抜群のスタイルを持つ俳優、モデル。 [続きを読む]

受信: 2006/10/01 23:44

« 『スーパースター カム・サヨン』 | トップページ | 『公共の敵』 »