« 『僕の、世界の中心は、君だ。』 | トップページ | 『デュエリスト』 »

『スーパースター カム・サヨン』

Lbs060909_00 9日(土)、公開初日に舞台挨拶があるということで駆けつけた甲斐ありイ・ボムス氏を間近で見て握手までしちゃいました☆♪

寝坊して時間ぎりぎりにシネマートに着いたときにはもうかなりの人がいたので後ろのほうだと諦めていたのですが、汗を拭き拭き並んでいた私にある女の方が「都合で見れなくなったので券いりませんか?」と話しかけてきたんです。「席は真ん中なんですが・・・」と聞こえたのでこの際どこでもいいと思ってすぐに譲ってもらいました。

そしたらなんと!!最前列の真ん中!!じゃないですか!

而して私はもし理性がなかったら立ち上がって一歩あるけばボムス氏に抱きつける位置で舞台挨拶を見ることができました〜〜☆

もちろん写真、ビデオ等の撮影はNGだったので詳細はこちらでご覧下さい。とってもシャイな感じがする方で映画で見せるコメディアン風な表情は全然見られませんでした。韓国俳優さんの質疑応答の時っていつも思うのですが質問にとても生真面目に答えるんですよね。黒のスーツに黒っぽいネクタイで小柄な印象を受けました。

舞台挨拶が終了して帰られる時にこれこそ最前列の特権!手を伸ばしたら握手してもらえました。緊張していたのか少し汗ばんでいましたが思ってた以上に柔らかな手でした。イケメンスターではないのですが本当に色々な役柄をこなすステキな俳優だと以前から思っていたので すご〜く嬉しかったです。日本に来られたのが公私共に初めてだと仰っていたのでこれからはどんどん来ていただきたいものですね。

では、本題の映画です。

C0000506_0 [制 作 年] 2004年
[原    題] スーパースター カム・サヨン
[脚    本] キム・ジョンヒョン
[監    督] キム・ジョンヒョン
[出    演]

イ・ボムス    → カム・サヨン
ユン・ジンソ  → パク・ウナ
リュ・スンス   →イン・ホボン
イ・ヒョクチェ  →クム・グァンオク 
コン・ユ    → パク・チョルスン
キム・スミ    → サヨンの母
チャン・ハンソン  →パク監督
チョ・ヒボン   → カム・サミョン
オ・スミン   → チャン・イラン 
キム・ミソン  → カム・ミジャ
       

【ストーリー】Superstar
時は1982年。工場で主任を務める傍ら、社会人野球の投手としても活躍していたカム・サヨン。そんな彼にチャンスが訪れる。なんと工場の系列会社がプロ野球チームを結成し、選手を公募するというのだ。サヨンは家族の反対を押し切ってプロテストを受け、見事に合格。サムミ・スーパースターズの一員としてプロ生活をスタートした。しかしチームは弱く、負け試合ばかり。サヨン自身も敗戦処理投手として扱われる日々が続くが…。
**********************************
誰にでも小さい頃からの夢がある。でもその夢は誰にでもが叶う訳ではない。そしてたとえ夢を叶えられた者でも誰でもが満足した結果を得られるわけではない。それでも夢を持ち続けること、夢を諦めないこと、そのことの方が如何に大切かということを教えてくれる映画でした。
いつもは個性的な役どころの多いイ・ボムスですが今回は野球好きのサラリーマンが自分の働く会社が球団を作るということで、そのテストに参加し、ただ左投げだというだけで合格してしまったという平凡な男を演じます。
博打好きでなかなか働かない兄と縄跳びばっかり飛んでる妹と市場で乾物屋を営む母。口うるさかったり、どうしょもなかったりするけどこの家族が皆優しくて泣かされました。
特にサヨンが母に言われて時計の電池を変えようとして偶然見つけた母のサヨンへの深い愛情 これには胸が熱くなりました。キム・スミ女史はやっぱいい女優さんですね〜。
T0004757a
サヨンの憧れの女の子を演じるユン・ジンソは「オールド・ボーイ」でユ・ジテの姉役をやった女優さんですが、美人ではありませんがかわいらしく、サヨンに夢を持ち続けさせてくれる優しい存在感がありました。
そのほか脇を固めるリュ・スンスやイ・ヒョクチェ、監督役のチャン・ハンソンなど色々小業を使ってくるので飽きることなく映画を楽しむことが出来ます。
スーパーヒーローのパク・チョルスを演じたコン・ユは実際もキム・スンウ率いるアマチュア球団「プレーボーイズ」に所属しているため、ユニフォーム姿が似合ってましたね。
ヒーローなんかじゃないけれど自分を応援してくれる小さなファンや、支えてくれる家族の愛やサヨンの活躍を信じて待っていてくれるウナの優しさがサヨンの心に夢を諦めない強さを与えてくれたように見ている私の心にも何かを投げかけてくれる映画でした。
Towel ちなみに前売り券と一緒のもらったのがこのハンカチ。
スーパースターズのマーク入りですが、いまどきネタ(ちょっと古い?)のハンカチ王子のマネして汗を拭いてました。

|

« 『僕の、世界の中心は、君だ。』 | トップページ | 『デュエリスト』 »

韓国映画(さ行)」カテゴリの記事

コメント

キャサリンさん、こんばんは!
カムサヨンの記事にコメントありがとうございました。
ボムスssiの舞台挨拶行かれたんですね。
私は丁度韓国旅行中で残念ながら行けなかったんです。
映画は先週見てきましたが、本当にカムサヨンに元気と勇気を貰いました♪
実は・・・以前にも何度かお邪魔したことがあるのですが・・・またちょくちょくよらせていただきます♪TB、こちらからしてみますね~。

投稿: わっち | 2006/09/17 00:50

わっちさんこんにちわ~
コメントありがとうございます。
これまでにも来て頂いていたなんて光栄ですぅ!
カム・サヨン、韓国映画らしさにあふれていてすごくよかったですよね。
韓国旅行に行かれていたなんでなんて羨ましいんでしょう!!
これからもお時間あるときにでもいらして下さいね。

投稿: キャサリン | 2006/09/18 17:01

キャサリンさんこんばんは。
ちょっと、久しぶりにのぞきました。
で、気になったのがこれ。
この映画DVDをもっているのですが、まだ見てないんです。
コン・ユくんでてるので見なきゃと思いつつ、野球ものだからパパが先なんて思って先延ばしにしてました。
でも、キャサリンさんのコメント見てたら早くみなくちゃって気になりました。
早速、次に見ることにします。

投稿: carol | 2006/10/05 19:10

carolさん、こんばんわ。
大作ではありませんが心の温まるお話になっていますので持っていらっしゃるならぜひ見てくださいね。
観たらまた感想お聞かせくださいね~

投稿: キャサリン | 2006/10/09 22:07

キャサリン姐さん、あんにょん。
トラバたくさん入れていただきコマスミダ。
で、私もねこの前からトラバしてるのだけど、
プロバイダーの相性が悪いのか反映されてないの。
ミアネヨ。

この作品すごく良かったです。
大好きな作品のひとつになりました。

投稿: carol | 2007/02/13 12:43

carolさん、アンニョ~ン
ものによるんだけど承認しないと反映されないトラバがあるみたいですみません。
この映画派手さはないけれど心に響いてくる作品ですよね。
元々イ・ボムス氏はごひいきなので彼が出ているだけど嬉しいんです(笑)

投稿: キャサリン | 2007/02/14 14:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95449/11832268

この記事へのトラックバック一覧です: 『スーパースター カム・サヨン』:

» スーパースター ☆カム・サヨン/イ・ボムス、ユン・ジンソ、コン・ユ、リュ・スンス [カノンな日々]
ついに日本公開を迎えました。しかもイ・ボムスの初来日!!!舞台挨拶の回がゲットできてついに念願の生イ・ボムスさんとご対面です、感激ィィィ! [続きを読む]

受信: 2006/09/13 01:03

» 「スーパースター★カム・サヨン」 [Tidak apa apa♪]
今日は昨日急遽決まったんだけど、ヤフーブログチングのしゃなんさんとジージャーさんと3人で「スーパースターカムサヨン」を見てきました。 いいよー、泣けるよーとあちこちで聞いていたけど・・・わっち... [続きを読む]

受信: 2006/09/17 00:47

» スーパースターカム・サヨン [スンホニ ときどき Jisub のちODA]
コン・ユもののひとつです{%ureshii%} なんて、イム・ボムス主演の韓国プロ野球選手の話。 映画になるくらいならさぞかしすごい人?って思いきや そうではないらしい。 5年間で1勝15敗1セーブというみじめな成績に終わった左腕投手カム・サヨン。... [続きを読む]

受信: 2007/02/13 12:13

« 『僕の、世界の中心は、君だ。』 | トップページ | 『デュエリスト』 »