« 『デュエリスト』 | トップページ | 芸術の秋 映画の秋! »

『公共の敵』

4988131905806 [製 作 年] 2001年
[原    題] 公共の敵 
[監    督] カン・ウソク
[出    演] 

ソル・ギョング   → カン・チョルジュン
イ・ソンジェ     → チョ・ギュファン
カン・シニル    → オム班長
キム・ジョンハク   → キム・ヨンス刑事
ト・ヨング   → ナム刑事
アン・ネサン    → イ刑事
イ・ムンシク  → イ・アンス 
ソン・ジル    → テギル 
ユ・ヘジン   → イ・ヨンマン 
イ・ジョンホン  → クンクニ 
キ・ジュボン   → ソン・ヘンギ 

【ストーリー】

アウロローで問題児の一匹狼の刑事、チョルジュンが大雨の中張込み中便意をもよおし仕方なく電柱の陰で用を足す。そのときにナイフをもった男とぶつかり自分の『モノ』に手をついてしまう。怒ったチョルジンは職質を掛けるが反対に目の下を切られてしまう。Koukyou3 一週間後、老夫婦の惨殺死体が発見され、被害者の息子に会ったチョルジュンは、彼がナイフの男だと直感。単独捜査を開始する。しかし容疑に上がった男は世間的にも身分のあるエリート証券マン。しかし誰もチョルジンの言葉に耳を貸そうとしない。そこでチョルジンは自分のやり方で彼を追い詰めていくが・・・

***************************

『シルミド』やつい最近話題になった『韓半島』を撮ったカン・ウソク監督の作品です。

Img010 ソル・ギョング演じるチョルジンは、韓国映画でよく出てくる下っ端の刑事にありがちないわゆる暴れん坊で悪徳刑事。袖の下は取る、事件の犯人はでっち上げる、平気で暴力は振るう、上司の言うことは聞かない、というはみ出し刑事ではあるが野生的なカンに優れ弱いものをいたぶるような事は決してしないという役柄。ソル・ギョングは元ボクサーという設定で体重を増やし筋肉も付け粗野な感じがよく出ています。

一方エリート証券マン演じるイ・ソンジェは品行方正、子煩悩で家庭も円満、人間的にも非常に出来た存在であるにも拘わらずその顔の裏には社会への不満、人間への不満を抱え自己満足を満たすためなら親すら手に掛けるという残忍さ、狡猾さを隠している。スマートないでたちの下に隠された引き締まった肉体や温和な笑顔が顔色ひとつ変えず殺人を犯していく犯人像に凄みを出しています。

型破りの捜査やこれまでの所業で上層部から目をつけられ交通課勤務に格下げになりながらも独自に捜査を進めていく彼を、どんなに悪徳といわれていてもチームの上司や同僚、部下からは一目置かれ仲間意識も強く上層部の何もわかっていない捜査官などには屈せず助けていく仲間たちも小気味よかったです。

ちょっと昔の『西部警察』っぽいですかね(笑)

ソル・ギョングは撮る映画によって姿かたちや印象まで変え『私にも妻がいたらいいのに』や『オアシス』や『ペパーミントキャンディー』、最近では『力道山』に至るまでその演技力と心や体の柔軟さはカメレオン俳優そのものですね。

そしてこの映画でのイ・ソンジェもこれまで私の見た平凡で優しい役のよく似合う彼とは一味違った凄みを感じました。

レンタルされていますのでこのジャンルがお好きな方は楽しめると思います。

20050117000060100594578_2 この映画か人気があったので『公共の敵2』も作成されています。こちらではソル・ギョングが検事(またも型破りな検事みたいですが)役で相手はチョン・ジュノはキャスティングされています。こちらも日本で公開されるといいですね。

|

« 『デュエリスト』 | トップページ | 芸術の秋 映画の秋! »

韓国映画(か行)」カテゴリの記事

コメント

キャサリンさん、あんにょん。
ソル・ギョング、
>カメレオン俳優そのものですね…
ほんとですね~。
この刑事役でも、元ボクサーらしい感じ、でかいけど、いまは鍛えてない、っていう雰囲気がよく出ていましたね。感心しました。

ほかの出演作では、「オアシス」はトライしたのですが、ちょっとあまりにもヘビーな内容と、ムン・ソリの熱演にアテられてしまって、中途で挫折してしまいました・・。^^;

投稿: komachi | 2007/04/02 19:06

komachiさんあんにょ~ん☆
ソル・ギョングって力道山の時も本当のプロレスラーみたいに体を作っていてすごいな~って思ったんですよね。「オアシス」は確かに重々しい内容でしたね。でも現実感がありありとした映画だったように思います。確かにヘビー・・・ですかね^_^;

投稿: キャサリン | 2007/04/05 17:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95449/11866495

この記事へのトラックバック一覧です: 『公共の敵』:

« 『デュエリスト』 | トップページ | 芸術の秋 映画の秋! »