« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

『非日常的な彼女』

051125_hinichijyo02_1[制 作 年] 2004年
[原    題] ドンテルパパ 

[監    督] イ・サンフン
[出    演] 

チョン・ウンイン  → キム・チョルス 
チェ・ミンソ   → イ・エラン 
ユ・スンホ   → キム・チョウォン 
イ・ヨンジャ  → コン・スンミ 
イ・ウンギョン  → エレナ・キム 
イム・ホ   → リス( ニューハーフ)
        

続きを読む "『非日常的な彼女』"

| | コメント (4) | トラックバック (3)

『春が来れば』

En_mov_ha11_001 [制 作 年] 2004年
[原    題] 花咲く春が来れば 
[監    督] リュ・ジャンハ
[出    演] 

チェ・ミンシク   → イ・ヒョヌ
キム・ホジョン  → ヨニ 
チャン・シニョン → スヨン
ユン・ヨジョン  → 母
キム・ヨンオク  → チェイルの祖母
チャン・ヒョンソン → ギョンス 
キム・ガンウ    → チュホ 
チェ・イルファ   → ヨンソクの父
キム・ドンヨン  → ヨンソク 
イ・ジェウン   → チェイル  

〜傷だらけで、落ちこぼれて。

       それでも人生は 悪くない。〜
        

続きを読む "『春が来れば』"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

SHINHWA  최고!!

1003_2_1 昨日、SHINHWAのコンサートにいってきました~~!

いわゆる『シナコン』ってやつです☆

いや~~よかった!久々に年齢を忘れ一緒に歌いGoods022 これを振り回しエキサイティングな夜を過ごしてきました。お陰でチト腰が痛うございます・・・

みんなすごくかっこよかった。

1003_12 ドンワンはX Japanの曲を歌ったときに高音部でミスっちゃってかなり気にしてたみたいだったけどケンチャナ!ケンチャナ!一生懸命さがうかがえてちょっと感動(*^_^*)

ヘソンはソンミンちゃんと『日本沈没』の韓国版の挿入歌をデュエットしてくれたし、エンディーもラップじゃなく歌を披露してくれたし(それでなくてもメチャメチャ可愛かったし)、ミヌは相変わらず完璧なダンスで魅了されますね~。

チョンジンはソロデビューが決まってその中の曲を初お披露目してくれたんだけどちょっとキンチョーしてたのか最初ちょっと音程が危なかったみたい。でもダンスをしている姿は実はチョンジンが一番好きかも(#^.^#)

エリックはドラマや事故の後遺症が影響しているのかイマイチ元気がないし日本語で歌う部分では歌詞も入ってなかったみたい・・単独の部分もエリックだけありませんでした。体大丈夫なんでしょうかねぇ・・・

とにかくあっという間の3時間でした。

明日の大阪公演後しばらくSHINHWAとしての活動が無いって言ってたのはちょっと寂しい気もしますが各々がそれぞれの活動に頑張ってもらいたいものですね。

久々に愛するチングたちにも会えてとっても充実したいい一日でありました。SHINHWA ファイティ~~~~ン♪☆

Shinhwa1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『イルマーレ~The Lake House~』

Wallpaper1_800[制 作 年] 2006年 アメリカ

[原   題]  THE LAKE HOUSE

[監   督] アレハンドロ・アグネスティ

[出   演]

アレックス  → キアヌ・リーブス

ケイト  → サンドラ・ブロック

ジャック  → 人間のように寝る犬

***以下 ネタバレです***

続きを読む "『イルマーレ~The Lake House~』"

| | コメント (17) | トラックバック (8)

『下流人生〜愛こそすべて〜』

200403250000522eiga1

[制 作 年] 2004年
[原    題] 下流人生 
[脚    本] イム・グォンテク
[監    督] イム・グォンテク

[出    演] 

チョ・スンウ    → チェ・テウン
キム・ミンソン   → パク・ヘオク
キム・ハクチュン  → オ・サンピル
ユ・ハジュン   → パク・スンムン
キ・ジョンス   → パク・イルウォン
マ・ドゥヨン    → シンミョン
                              
      

続きを読む "『下流人生〜愛こそすべて〜』"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

芸術の秋 映画の秋!

9月に入り秋風も吹くようになりだいぶ過ごしやすくなってきましたね。

秋といえばなんと言っても『食欲の秋』ですが、それと同じように芸術鑑賞の秋でもありますね。で、私としての芸術鑑賞といえば『映画』なんですが映画界もこの秋から暮れ、お正月ロードショーまでの期間は公開ラッシュとなります。

韓国映画も次々と新しい映画のHPが作成されてきました。

20060904_tengun 9月初旬の『グエムル』そして9日からの『弓』『スーパースター カム・サヨン』『四月の雪 ディレクターズ・カット完全版』に続いて23日には『天軍』『イルマーレ』(これは韓国映画じゃないですが原作が韓国映画ということで・・・)が公開されます。

そして10月には『チャーミング・ガール』『ドラゴン・スクワッド』( ホ・ジュノが出演する香港映画)『トンマッコルへようこそ』が
20060908_my_shine 11月には『サッド・ムービー』『ユア・マイ・サンシャイン』『家門の危機』『ウィンター・ソング』(チ・ジニが出演する香港映画)が公開される予定です。

12月にはいると『ファミリー』『王の男』『Mr.ソクラテス』『とかげの可愛い嘘(原題:とかげ)』『百万長者の初恋』が公開になり新春ロードショーとしてImg_1028258_33302948_8 『夏物語』『マジシャンズ』『墨攻』『鰐 ワニ』(キム・ギドク初監督作)なども公開予定になっています。

いくつか公式サイトができているものは右側の『ちょこっと情報』に載せましたので参考にしてください。

全部劇場で観たいと思ってはいますが果たして何作観られるか・・・

20060829_sad Img_1028258_33302948_6
Img_1028258_33302948_7

 

                                                     

************************************

《おまけ》

Movie_20060904_jung_sp シネマート六本木で9月30日から『チョン・ウソンスペシャル』として「デイジー」<アナザーバージョン>(チョン・ウソンの視点で語られる真実の愛の物語)
「MUSA -武士―」
「私の頭の中の消しゴム」が10月27日まで順次公開されます。

『デイジー』アナザーバージョンは興味ありますねぇ☆

| | コメント (7) | トラックバック (2)

『公共の敵』

4988131905806 [製 作 年] 2001年
[原    題] 公共の敵 
[監    督] カン・ウソク
[出    演] 

ソル・ギョング   → カン・チョルジュン
イ・ソンジェ     → チョ・ギュファン
カン・シニル    → オム班長
キム・ジョンハク   → キム・ヨンス刑事
ト・ヨング   → ナム刑事
アン・ネサン    → イ刑事
イ・ムンシク  → イ・アンス 
ソン・ジル    → テギル 
ユ・ヘジン   → イ・ヨンマン 
イ・ジョンホン  → クンクニ 
キ・ジュボン   → ソン・ヘンギ 

続きを読む "『公共の敵』"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『デュエリスト』

Main_2[制 作 年] 2005年
[原    題] 刑事 Duelist  Duelist
[脚    本] イ・ミョンセ
[監    督] イ・ミョンセ

[出    演] 

ハ・ジウォン  → ナムスン
カン・ドンウォン  → 悲しい目
アン・ソンギ   → アン捕校
ソン・ヨンチャン → ピョンパン
ユン・ジュサン  → ポンチュル
ト・ヨング    → 従事官
シム・チョルジョン → マ・チュクチ
      

続きを読む "『デュエリスト』"

| | コメント (2) | トラックバック (4)

『スーパースター カム・サヨン』

Lbs060909_00 9日(土)、公開初日に舞台挨拶があるということで駆けつけた甲斐ありイ・ボムス氏を間近で見て握手までしちゃいました☆♪

寝坊して時間ぎりぎりにシネマートに着いたときにはもうかなりの人がいたので後ろのほうだと諦めていたのですが、汗を拭き拭き並んでいた私にある女の方が「都合で見れなくなったので券いりませんか?」と話しかけてきたんです。「席は真ん中なんですが・・・」と聞こえたのでこの際どこでもいいと思ってすぐに譲ってもらいました。

そしたらなんと!!最前列の真ん中!!じゃないですか!

而して私はもし理性がなかったら立ち上がって一歩あるけばボムス氏に抱きつける位置で舞台挨拶を見ることができました〜〜☆

もちろん写真、ビデオ等の撮影はNGだったので詳細はこちらでご覧下さい。とってもシャイな感じがする方で映画で見せるコメディアン風な表情は全然見られませんでした。韓国俳優さんの質疑応答の時っていつも思うのですが質問にとても生真面目に答えるんですよね。黒のスーツに黒っぽいネクタイで小柄な印象を受けました。

舞台挨拶が終了して帰られる時にこれこそ最前列の特権!手を伸ばしたら握手してもらえました。緊張していたのか少し汗ばんでいましたが思ってた以上に柔らかな手でした。イケメンスターではないのですが本当に色々な役柄をこなすステキな俳優だと以前から思っていたので すご〜く嬉しかったです。日本に来られたのが公私共に初めてだと仰っていたのでこれからはどんどん来ていただきたいものですね。

では、本題の映画です。

C0000506_0 [制 作 年] 2004年
[原    題] スーパースター カム・サヨン
[脚    本] キム・ジョンヒョン
[監    督] キム・ジョンヒョン
[出    演]

イ・ボムス    → カム・サヨン
ユン・ジンソ  → パク・ウナ
リュ・スンス   →イン・ホボン
イ・ヒョクチェ  →クム・グァンオク 
コン・ユ    → パク・チョルスン
キム・スミ    → サヨンの母
チャン・ハンソン  →パク監督
チョ・ヒボン   → カム・サミョン
オ・スミン   → チャン・イラン 
キム・ミソン  → カム・ミジャ
       

続きを読む "『スーパースター カム・サヨン』"

| | コメント (6) | トラックバック (3)

『僕の、世界の中心は、君だ。』

Main1[制 作 年] 2005年
[原    題] 波浪注意報 
[原    作] 片山恭一「世界の中心で,愛をさけぶ」

[出    演] 

チャ・テヒョン  → キム・スホ
ソン・へギョ   → ペ・スウン
イ・スンジェ   → スホの祖父
パク・ヒョジュン →スホの友人
キム・ヨンジュン →スホの友人
ソン・チャンウィ →スホの友人
キム・シニョン → スホの妹 
      

続きを読む "『僕の、世界の中心は、君だ。』"

| | コメント (6) | トラックバック (5)

『グエムル −漢江の怪物−』

Index

[制 作 年] 2006年
[原    題] 
[英 語 題] The Host
[脚    本] ポン・ジュノ
[監    督] ポン・ジュノ

[出    演] 

ソン・ガンホ    → ガンドゥ
ピョン・ヒボン   → ヒボン
パク・ヘイル   → ナミル
ペ・ドゥナ    → ナムジュ
コ・アソン    → ヒョンソ
   

続きを読む "『グエムル −漢江の怪物−』 "

| | コメント (6) | トラックバック (4)

『王の男』

Top 有楽町読売ホール【特別試写会】にて観て来ました。

10月21日からの「東京国際映画祭」でもこの映画が招待作品として上映されるようです。

一般公開は12月から。(下記「ちょこっと情報」参照)

[制 作 年] 2005年
[原    題] 王の男 
[脚    本] チェ・ソクファン
[監    督] イ・ジュニク

[出    演] 

カム・ウソン   → チャンセン
チョン・ジニョン  → ヨンサン王
カン・ソンヨン   → チャン・ノクス
イ・ジュンギ    → コンギル
チャン・ハンソン → チョソン 
ユ・ヘジン  → ユンガプ
チョン・ソギョン  → チルドゥク
イ・スンフン   → パルボク

*以下ネタバレです。*

     

続きを読む "『王の男』"

| | コメント (11) | トラックバック (4)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »