« 『ウェディング』1~5話 | トップページ | 『M:i:Ⅲ』 »

『天国からのメッセージ』

30001 [制 作 年] 2004年
[原    題] 幽霊が住む 
[英 語 題] Ghost House
[脚    本] チャン・ジェヨン
[監    督] キム・サンジン
[出    演] 

チャ・スンウォン  → パク・ピルギ
チャン・ソヒ   → イ・ヨンファ
チャン・ハンソン → チャン班長
ソン・テヨン   → スギョン
チン・ユヨン   → ペク社長
チャン・ヒョンソン  → ギテ
ユン・ムンシク   → ピルギの父

【ストーリー】

頑固者で喧嘩っ早い父親のおかげでピルギは引越しと転校の連続。その為いじめにもあっていたもののしまいには父親と同じように自分から大家の息子と喧嘩して引っ越す羽目に・・。しかしその父親の遺言は『ピルギよ、自分の家を持て』だった!

父親の遺言どおり10年間地道に働き代行運転のアルバイトまでして貯めたお金でやっと手に入れたマイホーム。しかしその家は街でも評判のいわくつきの家だった。

02_2 ピルギは夜な夜な現れる幽霊におびえていたがあるとき幽霊との対話(対決?)を実行。しかしあえなくも惨敗。屋根の上で二度の雷に打たれ瀕死の状態に。ひょんなことで回復はしたがそれ以後幽霊の見える体質に換わってしまう。そしてピルギの家に住み着く幽霊とのおかしな共同生活が始まる。

実は幽霊のヨンファにはこの家にいなくてはならない悲しいエピソードがあったのだ。而してピルギはヨンファの願いをかなえるべく奮闘するのだが悪徳不動産のたくらみによってピルギの家にも危機が迫る。

果たしてヨンファの望みはかなうのか、またピルギはマイホームを守ることが出来るのか!

************************************

チャ・スンウォンの得意のハートウォーミングコメディーです。子供だましのようなチープなCGなんですが彼の表情や行動がとても馬鹿馬鹿しくて笑ってしまいました。幽霊役のチャン・ソヒとの掛け合いも面白く、最初こそ人間を排除しようとしていたヨンファがだんだんとピルギとの生活を楽しんでいるようになり打ち解けていき、自分のために走り回ってくれるピルギのために最後は体を張って一緒に家を守ろうとしてくれたりするところがよかったです。とってもかわいい女優さんですね。CMとかによく出ているようだし、中国圏では人気があるようなんですが私は初めて見る女優さんでした。

ほかにチャン班長演じるチャン・ハンソン(冬ソナでお酒飲みの現場監督を演じたキムさんです)が相変わらずの持ち味で映画に面白味を加えてくれています。

スンウォン氏がインタビューの時にニワトリとの格闘(?)シーンが印象的と言ってましたが鳥系が苦手な私は真逆の意味で印象的でした。アレはイカン!!(笑)

ラストに出てくるスンウォン氏はまさに彼のキャラって感じで笑っちゃいました。ホラーなんて付いていますが肩のこらないコメディーですので怖いのが苦手な方でも全然OKな作品です。

|

« 『ウェディング』1~5話 | トップページ | 『M:i:Ⅲ』 »

韓国映画(た行)」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
この映画とても楽しめました。
こういう役をやらせたらチャ・スンウォンさん、うまいですよね。

投稿: daoppie | 2006/07/09 21:51

daoppieさん、こんばんわ~
私もこの邦題はしっくりこない感じがしてました。
チャ・スンウォンは本当にこういう役をやらせたらうまいですよね。シリアスものでも結構黙っていると強面なので迫力あるのですが彼のコメディーセンスが私は気に入っています。

投稿: キャサリン | 2006/07/10 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95449/10632658

この記事へのトラックバック一覧です: 『天国からのメッセージ』:

» 『天国からのメッセージ』(2004年) ★★★☆☆ [どっぷりレビュー]
タイトルだけ見ると純愛路線かと勘違いしそうですが、これはあくまで日本版タイトル。原題は『幽霊が棲む』。原題も原題ですけど、日本版タイトルにつられた人は一瞬、騙されたと感じるかもしれません。ジャンルとしてはホラーとコメディ色が強いです。あとは夫婦、人間愛...... [続きを読む]

受信: 2006/07/09 21:47

« 『ウェディング』1~5話 | トップページ | 『M:i:Ⅲ』 »