« 『ミス・ヒップホップ&ミスター・ロック』 | トップページ | 『春の日のクマは好きですか』 »

『ナチュラル・シティー』

Nc6月7日から開催されている『ショートショートフィルムフェスティバル&ASIA2006』にユ・ジテが脚本・監督した映画『How Does the Blind Dream』が特別招待作品に選ばれ、ただいま来日中です。そんな彼に関連付けてこの映画を選んでみました。

[製 作 年] 2003年
[韓国封切] 2003年9月26日
[原    題] ナチュラル・シティ 
[英 語 題] Natural City
[脚    本] ミン・ビョンチョン
[監    督] ミン・ビョンチョン

[出    演] 

ユ・ジテ    → R 
イ・ジェウン   → シオン
ユン・チャン   → ノマ 隊長
ソ・リン   → リア 
コ・ジュヒ   → アミ
チョン・ウンピョ  → Dr.チロ
【ストーリー】3611_l

西暦2080年。人間とアンドロイドが共存する巨大都市メッカ・ライン・シティでは、離脱アンドロイドの犯罪が横行し、それを取り締まるMLPCの任務が日々重要度を増していた。激務の中、MLPCの特別捜査官Rは、アンドロイドのショーガール、リアと禁断の恋に落ちる。だがリアには、法律上の廃棄期限が刻一刻と忍び寄っていた。Rはリアを救いたい一心から、アンドロイドの違法改造を行うジロ博士に接触。リアと同じDNA構造を持つスラム街の娼婦シオンを拉致しようとする。だがジロ博士は、秘密裏に恐ろしい計画を進めていた・・・・

*********************************

韓国映画には珍しいCG使いっぱなしのSFストーリー。

でもちょっと既存の映画と映像やストーリーがダブってしまうのが残念・・・かな。ただ韓国映画でこういうジャンルは少ないので『マネ』をしていきながら新たな韓国映画のSFというものを築いていくことはいいことだと思うのです。(偉そうなこと言ってしまいますが・・)

CGの技術もこの前見た『千年愛』のときとは雲泥の差があります。

リアを演じた女優さんは初見でしたがなんか『ドール』という言葉がぴったり来るようなアンニュイな感じでいいなって思いました。ジテ君の丸刈り(?)ははじめちょっと馴染めませんでしたが観てるうちに慣れてきちゃうものですね(笑)元親友のノマ隊長はどこかで見たと思ったら『ダンサーの純情』の嫌味な会長の息子でした。

ストーリー的には悪くないと思います。部分的に説明不足の感はありますがね。ラストはなかなか迫力も友情シーンもありでうまくまとめています。しかし韓国映画はみんな死んじゃうのが好きなのかなぁ・・・

|

« 『ミス・ヒップホップ&ミスター・ロック』 | トップページ | 『春の日のクマは好きですか』 »

韓国映画(な行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95449/10457714

この記事へのトラックバック一覧です: 『ナチュラル・シティー』:

« 『ミス・ヒップホップ&ミスター・ロック』 | トップページ | 『春の日のクマは好きですか』 »