« 『ダ・ヴィンチ・コード』 | トップページ | 『火の鳥』 »

『サイレン』

先日テレ東で放送された作品です。

020109sire[製 作 年] 2000年
[原    題] サイレン The Siren
[監    督] イ・ジュヨプ

[出    演] 

シン・ヒョンジュン → イム・ジュヌ  
チョン・ジュノ  → カン・ヒョン   
チャン・ジニョン  → ハ・イェリン   
アン・ソクファン  → ヤン・ヨンギュ  
キム・ミョングク  → ムン・ジョンフン      

【ストーリー】

同じヤンチョン消防署の救助隊に配属された、無鉄砲なイム・ジュヌと冷静なカン・ヒョン。ある火災現場で、ヒョンは、危険を顧みずに火のなかに飛び込んでいこうとするジュヌを制止した。ところが、このとき妻と娘を失ったキム・ヒョンソクは、ジュヌを止めたヒョンに憎しみを抱くようになる。旧知の間柄だった2人だが、おたがいの心の葛藤はさらに高まり、ヒョンは辞職を決意する。そんなとき、ジュヌの恋人ハ・イェリンがはたらく工場で大火災が発生した……。

**********************************

『リベラメ』のような作品かな〜って思って見てましたがこの作品のほうが先に作られていたんですね。

シン・ヒョンジュンもチョン・ジュノも若い!そしてチャン・ジニョンがかわいい!『オーバー・ザ・レインボー』や『シングルズ』のときも良かったですがなんかさっぱりした感じの透明感のある女優さんですよね。

内容的にはもうちょっとジュヌの生い立ちや心の葛藤を具体的に説明が欲しかったしヒョンとの関わりもなんとなく説明不足な様な気がします。その為か前半はただ協調性のない自分本位な感じのジュヌに見えてしまいます。そんなみんなに溶け込めないジュヌが職場や打ち上げにただ一人恋人を同伴しているもの不自然な気がしました。

結果的にはヒョヌへの逆恨みが原因でイェリンが傷つきジュヌはヒョヌを助けるために犠牲になってしまうという結末もどうなんでしょう?確かにラストの部分では炎の中で和解していく二人の姿と自分の命を顧みず傷ついたヒョヌを助けるジュヌに泣かされましたができればジュヌには死んで欲しくなかったです。

イェリンとヒョンの会話からもしかしてジュヌの角膜がイェリンに移植されたのかしら・・・??

う〜〜〜ん。なんとなく不完全燃焼の映画でした。

|

« 『ダ・ヴィンチ・コード』 | トップページ | 『火の鳥』 »

韓国映画(さ行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95449/10228279

この記事へのトラックバック一覧です: 『サイレン』:

« 『ダ・ヴィンチ・コード』 | トップページ | 『火の鳥』 »