« 『テレ東』の追撃! | トップページ | 『サイレン』 »

『ダ・ヴィンチ・コード』

001 先週の土曜日、封切り当日に話題作ということでやっぱり見てしまいました。新聞やニュースなどでは「長蛇の列」と書かれていますが結構マイナーな場所で見たのでそこそこという感じでした。

[制 作 年] 2006年 (米国)

[キャスト] 

トム・ハンクス : ロバート・ラングドン

オドレイ・トトゥ : ソフィー・ヌヴー

ジャン・レノ : ファーシュ警部

Top_ph01 原作を先に読もうか先に映画を見ようかと迷っているうちに公開日がやってきてしまいました。で、結局映画を先に見てしまったわけですが・・・

特に予備知識もなく、キリスト教についても一般的な知識しかありませんでしたがそれほど難解という感じではありませんでした。009

秘密や謎解き、遺跡、宗教哲学など結構好きで昔よくそういう本を読みあさった事があったのでなかなかミステリーとしては面白く見れました。原作を読んでいなかったから端折られている部分や原作にはない部分など惑わされたり悩んだりすることもなくそのまま映画だけを受け入れられたということも面白く見れた原因かもしれません。

それにキリスト教の教義や見解などの賛否についてもクリスチャンでない私には抵抗なく見れたのかもしれませんね。確かに強い信仰心の元ではタブーに触れているわけですからブーイングが起こったり、18禁になったりすることも否めないかもしれません。

これから見る方も多いと思うので内容には触れませんがどうも話を聞いてみると先に原作を読んでいた人には物足りなさやスケールの小ささを感じてしまうそうです。

で、私としてはこれから原作を読んでみようかな~☆と思っているわけです。

Art1 Trailer11

|

« 『テレ東』の追撃! | トップページ | 『サイレン』 »

映画(邦画・洋画等)」カテゴリの記事

コメント

キャサリンさん、こんばんわ。
それ程、混雑していなかったのですか。それは、何よりでした。初日に日劇で観た私は、余りの人の群れに気分が悪くなりそうでしたわ。
私も、原作未読組であります。この映画をプロローグとして、その内必ず原作に挑もうと思っておりますよー。きっと、原作の方がスケールも遥かに大きいし面白いのではないかしら。

投稿: 隣の評論家 | 2006/05/29 22:54

隣の評論家さんおはようございます。
コメントいただけてうれしいです。
おかげさまで(?)とってもローカルなところで見たので混雑とは無縁でした。
私もこの映画を下準備として原作を読むつもりです。

またお立ち寄りくださいね。

投稿: キャサリン | 2006/05/30 08:46

キャサリンさんこんばんは。
今日ようやく見て来ました。
私はかなり前に原作を読んでいたのですが、映画はあまりいい評判を聞かなかったので、とりあえず期待せずに見ました。
でも面白かったです!頭の中で思い浮かべてきた情景を目にすることもできたのが何より感動でした。ストーリーもわかっているだけに混乱せずに済みました。
でも謎解きは全部ネタバレしちゃってたので、あまり驚きはなかったですけどね~。
キャサリンさんはその後原作読まれましたか?

投稿: スーザン | 2006/06/14 23:42

ス~ザンさん♪こんばんわ!!
原作を読んでから見に行かれた組ですね。
そうか~頭で想像していたものが映像化されるという部分では読んでいた方ならではの楽しみ方ですよね。
確かに結末がわかっているわけだから謎解きはインパクトがないかもしれません。

原作はいま読んでいる最中です。
単行本なのでただいま「中」に突入しました。まだルーブルを脱出したばかりです(笑)

投稿: キャサリン | 2006/06/14 23:54

キャサリンさんそうなんです!
クリプテックス、ルーブルの逆さピラミッド、ローズライン、貸金庫の鍵の形状からシラスがつけていたあの痛そうなベルトまで、映像で見られて感動でした♪
原作はこれからってところですね!
私はハードカバーだったので重くて大変でした(笑)

投稿: スーザン | 2006/06/15 00:18

スーザンさん、おっは~です!
昨夜も原作を読みながら床についたのですがスーザンさんとは逆に映像を思い出しながらなので私の頭の中ではトム・ハンクスとトトゥが会話をしてます(笑)

投稿: キャサリン | 2006/06/15 09:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95449/10201137

この記事へのトラックバック一覧です: 『ダ・ヴィンチ・コード』:

» ダ・ヴィンチ・コード [映画通の部屋]
「ダ・ヴィンチ・コード」 THE DA VINCI CODE/製作:2006年、 [続きを読む]

受信: 2006/05/29 22:49

» 『ダ・ヴィンチ・コード』 [京の昼寝〜♪]
ダ・ヴィンチは、その微笑みに、何を仕組んだのか。 ■監督 ロン・ハワード■脚本 アキヴァ・ゴールズマン■原作 ダン・ブラウン(「ダ・ヴィンチ・コード」)■キャスト トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ、イアン・マッケラン、アルフレッド・モリナ□オフィシャルサイト  『ダ・ヴィンチ・コード』 閉館後のルーヴル美術館。 ダ・ヴィンチの有名な素描「ウィトルウィウス的人体図」を模して横たわる、館長の死体... [続きを読む]

受信: 2006/05/30 00:02

» 「ダ・ヴィンチ・コード」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「ダ・ヴィンチ・コード」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、ジャン・レノ、ポール・ベタニー、アルフレッド・モリーナ、他 *監督:ロン・ハワード 感想・評価・批評 等、レビューを含む..... [続きを読む]

受信: 2006/05/30 03:03

» ダ・ヴィンチ・コード/THE DA VINCI CODE [我想一個人映画美的女人blog]
甘かった。。。。 これほど原作を読んでから観れば良かった〜。と思った事もそうない。 いつも原作を読まずに、なるべく前知識ナシで観るワタシですが、、、、 読んだ人は皆面白いというし、 原作読まずに観ると難解と聞いてたのでちょっとは不安だったんだけど。。。 読んでたら読んでたで、文句を言いたくなっちゃうかも?? ルーブル美術館で本物の「モナリザ」を見てからというもの "レオナルドダヴィンチ"とい... [続きを読む]

受信: 2006/05/31 08:39

» 「ダ・ヴィンチ・コード」見てきました [よしなしごと]
 世界中でベストセラーとなったダ・ヴィンチ・コードを見てきました。正直キリスト教じゃないし、ダ・ヴィンチにも興味ないんですが、一応ベストセラーということで流行に流されてみました。... [続きを読む]

受信: 2006/05/31 22:59

» ダ・ヴィンチ・コード [映画と本と音楽にあふれた英語塾]
原題: The Da Vinci Code (2006) 2006年5月20日 日本初公開 公式サイト: http://www.sonypictures.jp/movies/thedavincicode/ 新宿プラザ 2006年5月31日(水)12時10分からの回 ゴウ先生ランキング: C   画質 (スコープ):  B-/C+   音質 (SRSD?): B-   英語学習用教材度: B+... [続きを読む]

受信: 2006/06/03 12:12

» ダ・ヴィンチ・コード(映画館) [ひるめし。]
ダ・ヴィンチは、その微笑みに、何を仕組んだのか。 CAST:トム・ハンクス/オドレイ・トトゥ/イアン・マッケラン/アルフレッド・モリナ/ジャン・レノ 他 ■アメリカ産 150分 館長さん、みずからあの姿で死んじゃったのね・・・。 そんな時間があったのなら助かってたんじゃなかったのかな〜と感じたんだけどね・・。 てっきり犯人がああいう風にやったのかと思ってたわ・・・。 ダ・ヴィンチの話というより... [続きを読む]

受信: 2006/06/04 16:38

» 「ダ・ヴィンチ・コード」難解なミステリーをハリウッドテイストで [soramove]
「ダ・ヴィンチ・コード」★★★★ トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ主演 ロン・ハワード監督、2005年アメリカ ルーブル美術館の館長が殺害された。 彼の死体はダ・ヴィンチの有名な素描 「ウィトルウィウス的人体図」を模して横たわっていた。...... [続きを読む]

受信: 2006/06/07 17:55

» ダ・ヴィンチ・コード−(映画:今年73本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、リー・ティービング、アルフレッド・モリナ、ジャン・レノ、ポール・ベタニー 評価:75点(100点満点) 公式サイト (ネタバレあります) ああ、見てしまった...... [続きを読む]

受信: 2006/06/10 12:00

» ダ・ヴィンチ・コード(5月20日公開) [オレメデア]
ルーブル美術館の館長ジャック・ソニエール(ジャン・ピエール・マリエル)が何者かに殺害された. ソニエールの死体は,レオナルド・ダ・ヴィンチの「ウィトルウィウス的人体図」という作品の形をまねて横たわっていた. そして,傍らには,謎の暗号文も残されていた. ...... [続きを読む]

受信: 2006/06/11 17:14

» ダ・ヴィンチ・コード [PLANET OF THE BLUE]
今年最大の話題作。 公開日に見ましたが、やっと書くことができました^^; キリスト教のタブーを題材としているので、公開前から賛否両論のこの映画。 見る前からちょっと不安もあったんですが・・・。 監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス  オドレイ・トトゥ  ジャン・レノ     イアン・マッケラン  ポール・ベタニー  アルフレット・モリーナ ストーリー    ルーブル美術館の館長が殺害された。    <ウィトルウィウス的人体図>を模したその遺体は、    ... [続きを読む]

受信: 2006/06/16 15:32

» ダ・ヴィンチ・コード/ダン・ブラウン [文学な?ブログ]
「ダ・ヴィンチ・コード」は、映画では描ききれないであろう豊富な知識と、綿密なプロットに支えられたエンターテイメント小説です。当初は映画を観るつもりでしたが、小説を読んで正解だったと思います。 キリスト教の聖杯伝説に関する記述は、ストーリー展開以上に面白く、特に宗教の知識が薄い私にとって非常に新鮮でした。モナ・リザや最後の晩餐の絵画についても、素直に面白いと思える内容でした。 物語は、ルーブル美術館の館長が殺害されるところから始まります。その日に館長と面会予定だったラングドン教授と、館長の... [続きを読む]

受信: 2006/06/17 11:01

« 『テレ東』の追撃! | トップページ | 『サイレン』 »