« 韓シネ 鑑賞 | トップページ | 『盗られてたまるか』 »

『まわし蹴り』

114191139615820804

[制 作 年] 2004年
[原 題] まわし蹴り 
[監 督] ナム・サングク 

[出 演] 
キム・ドンワン     → ヨンゲク
ヒョンビン       → ミンギュ
チョ・アン       → スビン
キム・テヒョン     → チョンデ
パク・チヨン      → ミエ
ムン・ジユン      → クォン・ヒョクス
イ・ギウ        → ソクポン
チョン・ジェヒョン   → ソンワン
特別出演
キム・ヨンホ      → ソン・チュングン
キム・ガプス      → ソク校長
パク・チョンハク    → コ監督
イ・ジュソク      → マ・キルス
チョン・ウ       → パク・トス
ユ・ビョンソク     → ビョンス

【ストーリー】
01

50年の伝統を誇り、かつては強豪と恐れられていたマンセ高校テコンドー部。今は主将のミンギュ(ヒョンビン)以外の部員達には見る影もない。ある日ミンギュと補欠のソンワン以外のテコンドー部員達は乗り合わせたバスの中でヨンゲク(キム・ドンワン)らの不良グループと乱闘になり全員が負傷してしまう。
警察に補導されたヨンゲク等が退学にならない方法はただ一つ、テコンドー部に入部して大会に出場する事だった!
落ちこぼれの不良がテコンドーを通して人間的に成長していく青春熱血ストーリー。

******************************************
いわゆるスポ根モノです。
ひと昔前の青春ドラマにあるような落ちこぼれのワルがスポーツを通して心も体も成長していく学園物ですね。
まだ少年のような面立ちのヒョンビンが初々しいです。神話のキム・ドンワンも初の主演映画にかける一生懸命さがひしひしと伝わってきます。「テコンドーが強くなりたい」と決意し練習に励むヨンゲクの体から立ちのぼる汗の蒸気にキム・ドンワンの熱意が伺えます。mawashi

設定的にはありがちで先の読めてしまうような内容ではありますがこれがなかなか!
不良たちが集う自動販売機前のエピソードは笑を誘い、スビンに恋するヨンゲクには共感し、若い同棲カップルの一途さに思いっきり涙してしまいます。
各部員1人1人がきちんとしたエピソードを持っていてそれぞれの話しがしっかりしている点も最後まで飽きさせる事なく見れた要因ではないかと思います。
「ラブ・ストーリー」に出ていたイ・ギウの演技にもご注目を!

今回数多く上映される映画の中で「ドンワンとヒョンビンが出てる!」なんて理由で選んだ映画でしたが予想以上の秀作で大満足です。
青春ドラマがお好きな方にはぜひオススメの映画です。

   

|

« 韓シネ 鑑賞 | トップページ | 『盗られてたまるか』 »

韓国映画(ま行)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。
根が単純なので青春ものも結構好きです^^;
しかも初々しいヒョンビンですって~?
それは見なくちゃだわ!(笑)

投稿: スーザン | 2006/03/18 00:33

って上映もう終わっちゃってた・・・(>_<)
レンタルDVD出ますように・・・

投稿: スーザン | 2006/03/18 00:42

スーザンさん、残念!!
金曜までだったんですね~

きっとレンタルされますから待ってて
くださいませm(__)m

投稿: キャサリン | 2006/03/18 06:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95449/9089491

この記事へのトラックバック一覧です: 『まわし蹴り』:

« 韓シネ 鑑賞 | トップページ | 『盗られてたまるか』 »