« 輪舞曲~ロンド~ Ⅶ | トップページ | いざ!ソウルヘ!! »

『リンダ リンダ リンダ』

今日は長女の卒業式でした。
アッシュカラーの髪にグラデーションのエクステ、グレーのカラコン、ネイルもバッチリ飾りつけ 『何で雨なんだよ~』の言葉と共に家を後にした彼女に心からエールを送ろう。
『3年間、よく頑張った。ほとんど休みもせずよく通いました。』

そんな世代の子達の映画を観ました。
rinda
彼女たちの「終わらないうた」がはじまる・・・・・

文化祭前日に突如バンドを組んだ女子高生たち。
コピーするのはブルーハーツ。
しかもボーカルは韓国からの留学生!?
本番まであと3日。
4人の寄り道だらけの猛練習が始まった!

【制作年】 2005年 日本
【監督】 山下敦弘
【キャスト】
ソン : べ・ドゥナ
山田響子 : 前田亜季
立花恵 : 香椎由宇
白河望 : 関根史織

丸本凛子:三村恭代 今村繭:湯川潮音
中島田花子:山崎優子(me-ism) 槙原裕作:松山ケンイチ
大江一也:小林且弥 阿部友次:小出恵介
スタジオQの店員:山本浩司 カラオケの店長:山本剛史
恵の母:りりイ 前園トモキ:三浦誠己 小山先生:甲本雅裕

*********************************************
0409010102530
おもしろかった!
前半のけだるい感じはまさに我が娘のリアルタイムでした。
喋り方の曖昧さ、何をやるにもかったるいような感じがしてしまう行動、人と正面から向かうことなく常に並列な彼女達。
大人にはやる気を感じられない彼女達の行動や言動の中にも、あの子達にはあの子達なりの葛藤は存在していて熱く燃える心もちゃんと持ち合わせて、時代は変わっても変わらないものがあるんだよね。

ソンちゃんのカラオケ屋談議「ごもっとも!」と笑えました。
ペ・ドゥナはもう学生服を着る年でもないのに全然違和感なしでしたね。
今見てる「威風堂々な彼女」のキャラでやらせたらどんなだっただろうと一人ほくそえむ私。
ソンちゃんの『リンダリンダ』けっこういいです。
歌が上手いと言う訳じゃないけど日本語もきれいに入ってたし聞けました。
”恋愛よりも今は仲間といたい!”というソンちゃんの気持ち、いいよね。

ブルーハーツがタイムリーだった人にはいっそう懐かしい感があるんじゃないでしょうか。
その曲を聴いただけでその頃の自分にタイムスリップしてしまう事って誰しも経験あるだろうから。
キャサリンも高校の文化祭、バンド組んで歌ったな~~ははは・・・
ギブソンもマーチンも買えないからヤマハのギターで(笑)
それに・・・ブルーハーツじゃなかったけどね。
スタジオ借りたり楽器もって仲間の家泊り込んだり懐かしい思い出は一緒かもしれない。
『終わらない歌』の歌詞はそんな時代を彷彿させます。

う~~ん、映画が良かったというより自分を置き換えて見ていたのかもしれない。
あっ でもそうやってタイムスリップできたんだからやっぱこの映画面白かったです◎(二重マル)

|

« 輪舞曲~ロンド~ Ⅶ | トップページ | いざ!ソウルヘ!! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ねっねっね、面白かったでしょ?
ちなみに、私
タイムリーだった人です。
ライブも見ました。

投稿: sayaka | 2006/03/02 01:10

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『リンダ リンダ リンダ』:

« 輪舞曲~ロンド~ Ⅶ | トップページ | いざ!ソウルヘ!! »