« 輪舞曲~ロンド~ Ⅷ | トップページ | 『マイ リトル ブライド』 »

こんな旅してきました その2

早いものでもう1週間たってしまいました。先週の今ごろは韓国にいたんですね~

さて、二日目ですが・・・
ロケ地巡りに出かける師匠を見送りまずはテレビに見入る事30分ほど。
当たり前の事ですがCMにサンウもカン・ドンウォンもチャン・ドンゴンもパク・シニャンも神話のドンワンもキム・テヒも普通に出ていて面白かったです。
「春のワルツ」のCMも良く見かけました。
さてさて、身支度を整えてホテルを出る準備です。
日本を飛び立ってからどこに行くにも何をするにも英語が堪能の師匠が全て取り仕切ってくれたので私が発した言葉は「アニョハセヨ~」と「カンサンミダ~」のみ!なかなか恥ずかしくて誰かがいると覚えてきた韓国語も使えないもんなんです・・・はい。
でも今日はそういうわけには行かないぞと少々意気込んでホテルを出ました。

まずはホテルから直線距離の教保文庫に足を踏み入れました。
広さ3600坪という韓国一の広さを誇る江南店です。教保タワービルの地下1階と2階にあるのですが本が置いてあるのはほとんど地下1階で地下2回はキッズルームや文房具などを売っていました。
この本屋が面白い!
韓国へ行ったら絶対行こうと思っていた本屋とCDショップ。
まずは念願が叶いました。
日本の本も沢山置いてありましたよ。アイドル雑誌から単行本まで。
30分以上はそこにいたでしょうか見ていたらきりがないので帰りにまた立ち寄ろうと決めて江南駅に向かいました。
地下鉄に乗るのは簡単です。t_money_card
なぜならば韓国版スイカ(西瓜じゃないよ~)のようなTmoneyというカードを昨日買っていたのでいちいち切符を買わなくてもいいんです。(←実際私が使った物とは異なりますがこんなカードです。)

江南駅から地下鉄に乗って蚕室(チャムシル)駅まで行ってまずはロッテワールドへ行きました。
まずは昨日の記憶をたどり改札までは上手くたどり着けたもののさてどっち行きにのればいいのか・・・
何気にハングル文字が読めるようになったので잠실の文字を探してドキドキしながら乗り込みました。
もう地図と駅名とにらめっこですね(笑)あまり真剣に見てたら隣のお兄さんが「여기 거야?」みたいなことを言って丸してあった駅名を指差す。突然の事で言葉にならずクビを縦に振ったら「다음에」と言った後「Next」と言ってくれた。ホントはもっと何か言ってたようだが全くわからず(汗)でもすぐに駅に着いたので「カンサンミダ~」と言ってホームに降り立ちました。小さい声で一つ一つ駅名を読んでいたつもりですがもしかしたら結構回りに聞こえてたのかな・・・(恥ずかしい・・・)でも幸先いいぞ!初乗りで親切にされるなんて!

ここからロッテワールドとロッテ百貨店とロッテ百貨店の10階にある免税店と回ってきました。
まずは案外あっさり「天国の階段」などでロケに使われているあのスケート場へ。これはいともたやすく見つかりました。朝ごはんを食べていなかったのでそこにあったロッテリアに入ってみました。
「김치 버거 있습니까?」(キムチバーガーありますか?)と言ってみる。
無愛想なおねーさんが日本語で「ない、今はこれだけ」とメニューを指差す。DSCF0027パプリカベーコンバーガーとプルコギバーガーのようです。そこでパプリカベーコンバーガーを食べてきました。セットで頼んだら何も聞かれず飲み物はコーラでした(笑)
そしてロッテ百貨店ではどこへ言っても日本語で話しかけられる始末。あれは買ったかこれは美味しいから食べてみろとか・・・まぁそういってくれるならとキムチも、チャンジャも韓国のりもカクテキも食べお茶までご馳走になってきました。結局キムチとチャンジャはお買い上げ。
お茶屋さんに行って変な漢方薬のようなお茶を飲まされ(でも美味しかったよ)「유자차를 갖고 싶어요」(ゆず茶が欲しい)といったらおばちゃん突然態度が冷たくなり隣の売り場を指差しました。
どうも売り場が違ったようです。ははははは・・・
しかし無事にゆず茶も買えました。
その後ロッテ免税店でひとしきりお買い物。ここはもちろん日本語だけでOKでした。

地上に出てちょっと回りを見学。
ここが天階でもフルハウスでもその他色々なドラマや映画に出てくるロッテワールドやマジックランドなんだと一人感慨にふけってしまいました。

次に蚕室駅から三成(サムソン)駅に戻って昨日行ったコエックスモールへ。昨日はほとんどお店を見られなかったのでぶらぶらと散策を。
今から思えば勇気を出して映画の一本でも見てくればよかった~!
言ってる事なんかわかんなくてもいい思い出になったのにな~と、今さらながらに後悔です。

そしてあちこちでこんな物に出会いました。DSCF0008DSCF0011DSCF0012DSCF0015DSCF0016
写真が下手でよくわからないかもしれませんが・・・
今ちょっとマイブームのイ・ジュンギ君がセブン・イレブンにもポスターがいっぱい張ってあったしチャン・ドンゴンと一緒にメインモデルをしているブティックにもa20060224_01_03こんな写真がありました。

一人での行動は不安でもありましたがニット坊をかぶりMP3を首から下げて(もちろん中身はKPOP)普通に歩いていれば日本人だと思われないようで案外気が楽でした。日本と同じでチラシを配ってるおばちゃんに話し掛けられたり募金箱を持ったようなおっちゃんに「募金しておくれ!」(多分そういっているに違いない・・・)と言われたり色々話し掛けられましたが「I’m a Japnese. 한국말은 몰라요」とちゃんぽんで言ってみたら大丈夫でした。

他にも散策してみたりして、こうしてホテルへと帰っていきました。
江南駅からホテルに帰るまでの道にはサンウやヒョンビンがメインモデルになっている化粧品屋やチャンドンゴンやイ・ジュンギがモデルの洋服屋、サムスンのパン屋さんなどがあるし実は「ごめ愛」のウンチェの家もすぐ近くにあるんですよ。ちょっと疲れたけどなかなか楽しい一人歩きでした。


|

« 輪舞曲~ロンド~ Ⅷ | トップページ | 『マイ リトル ブライド』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

キャサリンさん、@@すごい!
一人でソウル堪能しちゃったのね。。パチパチ^^v
あっ、お久しぶりです。「宮」廃人になってしまった私はネットサーフィンしてて、こちらには久しぶりの訪問です。^^;
一人歩きは恐くなかったですか?
5月に行く予定になってるので、参考にします。^^;
教保文庫には私も行くつもりです。
「宮」のまんが買ってこないと。。♪
前回にソウルに行ったときには、こんなに嵌ってなかったので、
単純に観光してただけ、今回は気合を入れて訪韓します。^^v

投稿: muaku | 2006/03/12 18:16

キャサリンさん
私も時々一人で韓国へ行きます^^
チャムシルなら”ロッテマート”が好きですよ。
ソウル駅横にもロッテマートはありますが、チャムシルの方が広いし、食品や日用雑貨だけでなく洋服もあったりして、思わぬところに有名俳優さんのモデルするお店があったりして、。
日本人も少ないと思いますよ~

投稿: あゆみ | 2006/03/12 20:41

キャサリンさん!とってもアクティブですね。
あたしも国内では街歩きしますが…海外では絶対ムリです!!!っていうか海外にはまず行かないと思う。
ハングルも勉強なさっているようなので、その成果を発揮するためには今回のような街歩きは重要だったのでしょうね。何はともあれお疲れ様でした。

投稿: ゆき | 2006/03/12 22:47

muakuさん、こんばんわ~
一人歩きは全然って言っていいほど怖さは感じませんでしたね。
人の顔立ちは一緒だし街並みにも違和感ないし渋谷あたりを歩いているような感覚でした。
教保文庫面白かったですよ!
行ったら感想聞かせて下さいね~

投稿: キャサリン | 2006/03/12 23:31

☆ゆきさんこんばんわ~
多分これが英語圏の国だったら無理だったかも
しれません。
韓国の街は本当に日本と似ていて何にも違和感がないんですよ、本当に。だから大丈夫だったんだと思います。文字がかろうじて読めるので少しは心強かったんだと思います。

☆あゆみさん、こんばんわ~♪
そうなんですよ。もっといっぱい日本人がいるかと思ったら思いのほかロッテマートは少なくて驚きました。
俳優や女優がイメージキャラをしているショップは本当に数多くありました。
見るだけでも楽しいですよね。

投稿: キャサリン | 2006/03/12 23:37

ハングルがまったく理解不能なのが一番のネックなんですよね。
韓国も早く漢字文化を取り戻したらいいのにって思うのはあたしだけかな??
きっと韓国ではトイレすら見つけられない予感。(絵があったらOKだけど…)

投稿: ゆき | 2006/03/13 00:46

まあ、なんと楽しい単独行動なんでしょう!
行ってみたい、やってみたいことだらけです(笑)
姐さんがロッテ百貨店で、あれこれ試食してる姿が目に浮かんですごく面白かった~!

3日目のエピソードも期待してまっす♪

投稿: スーザン | 2006/03/13 16:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95449/9029737

この記事へのトラックバック一覧です: こんな旅してきました その2:

« 輪舞曲~ロンド~ Ⅷ | トップページ | 『マイ リトル ブライド』 »