« 『盗られてたまるか』 | トップページ | 輪舞曲~ロンド~ Ⅹ »

『ARAHAN/アラハン』

big

[制 作 年] 2004年
[原 題] 阿羅漢 掌風大作戦 
          
[英 語 題] Arahan
[監 督] リュ・スンワン 

[出 演] 
リュ・スンボム   →ユ・サンファン
ユン・ソイ     → アン・ウィジン
アン・ソンギ    → チャウン
ユン・ジュサン   → ムウン
キム・ジヨン    → パニャガイン
キム・ヨンイン   → ユッポンスニム 
ペク・チャンギ   → ソルン
チョン・ドゥホン  → フグン
      
【ストーリー】
arahan

警察官のサンファンは、ほんの偶然から“七仙”と呼ばれるカンフー・マスターたちと出会う。マスターたちはこのさえない若者の中に強烈な「気」を感じ、一方のサンファンは手っ取り早く喧嘩が強くなりたいという“純粋な”動機のために修業を始める。そんな時、かつて「気」の“ダークサイト”に堕ち、マスターたちに封印されていた邪悪な力が復活する。怒りの力だけで世の中を治めようとする男が、最高解脱者<アラハン>になる“カギ”を探して七仙に襲いかかってきたのだ。果たしてサンファンは『アラハン』に到達できるのか!?『刻印』を守る事はできるのか!?

*******************************************
ん〜・・・・・・・結論から言えば面白かった☆
カンフーアクションコメディーなんだけど途中から『え?!これって結構真面目なお話しだったの?』と戸惑いながら最後まで見てやっぱコメディーなんだとカメオ出演のポン・テギュを観てほくそえむ私。
なぜって私はコメディーが好きだから。
スパイダーマンのようにビルは飛び越すし、ドラゴンボールのようにカメハメハもどきはは炸裂するし、ワイヤーアクションもふんだんに使われていて面白かったです。まぁ香港映画を意識していると言うか酷似しているというか・・・そんな感は否めませんが監督や俳優でありアクション指導に携わったチョン・ドゥホンは見習ってはいるが韓国独自のアクション映画と自負しているそうです。02
主演のリュ・スンボムは監督のリュ・スンワンの実弟だそうですね。共演のユン・ソイはこの映画がスクリーンデビューのようですがアクションもなかなか上手で手足の長さが際立っていましたね。『愛していると言ってくれ』のときとは全然違う感じです。
ただね、内容は実はイマイチ良く解らなかったんです。
サンファンが強くなっていく過程も、ただ漠然と練習をしていたらいつのまにか強くなっちゃったみたいだし、フグンがでてきたらいきなりシリアス調になってきちゃうし、刻印は結局どうなっちゃったのか良くわからないままでした。
01
それでもアクションはリズム感があるしリュ・スンボムはまぬけ顔がキュートなんだけど強くなっていくうちに男らしく見えてきて飽きずに鑑賞できました。深く考えずにただ楽しんだ方がいいですね。


|

« 『盗られてたまるか』 | トップページ | 輪舞曲~ロンド~ Ⅹ »

韓国映画(あ行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95449/9149876

この記事へのトラックバック一覧です: 『ARAHAN/アラハン』:

« 『盗られてたまるか』 | トップページ | 輪舞曲~ロンド~ Ⅹ »