« 『雪だるま』 | トップページ | 『フルハウス』放送決定?! »

『美しき野獣』

今日から公開された『美しき野獣』 観て来ました。
かなりネタバレありますのでこれからの方はご注意を。

6a4ad32d_YASU
[制 作 年] 2005年
[韓国封切] 2006年1月12日
[原 題] 野獣
[英 語 題] RUNNING WILD
[脚 本] キム・ソンス,ハン・ジフン
[監 督] キム・ソンス 
[撮影監督] チェ・サンムク
[音 楽] 川井憲次

[出 演] 
クォン・サンウ  → チャン・ドヨン 
ユ・ジテ   → オ・チンウ 検事
ソン・ビョンホ    → ユ・カンジン 
カン・ソンジン  → チョ・ヨンチョル
イ・ジュシル  → ドヨンの母
チョン・ウォンジュン → 部長検事
   
【ストーリー】
自分の直感を信じ、力で犯罪をねじ伏せようとする凶悪犯罪捜査班の若き刑事チャン・ドヨン(クォン・サンウ)。知的なエリートとして、あくまでも法に従って事件を解決しようとするソウル中央地検の冷徹な検事オ・ジヌ(ユ・ジテ)。

捜査のやり方も、人生の考え方も正反対の二人が、偶然にも同時に、巨大な組織力を持つ一人の男を追うことになる。そして、二人の運命的な出会いによって、事件は予測もつかない方向へと大きく動き出していく。

****************************************
mai
見終わって感動と言うよりは言い知れない心の葛藤が残りました。
社会の不条理、正義と言うものの意味、権力という名の悪・・・

心を満たしてくれる勧善懲悪を描いた映画でも痛快なアクションで爽快な気分にしてくれる映画でもなかったけれど深く心に焼きつく映画だった。

仲間を作らず、組織にとらわれず、自分の信念だけで進んでいく俗に言うはみ出し刑事のドヨン。荒くれのように見えるが家族を愛し、ありきたりな幸せな生活を送ってみたいと思っているドヨン。
頭脳明晰で法に対して忠実、正義感も強い。が家族への愛より仕事を優先してきたエリート検事のオ・ジヌ。
全く違う二人の間に芽生えた信頼と友情。
この二人が『孤独』という点においては同じ物を持っていたんだと思う。

オ検事から『自分が昔使っていたライターだ』と言ってもらった時のドヨンの表情がとても純粋でよかった。
でも・・・このライターが友情の証となっている部分が悲しい・・・

自分の信じていた正義が崩れ打ち沈んでいくオ・検事にドヨンが言った言葉はちょっと『踊る大走査線』を思わせました。
そして命をかけたドヨンの行動。時を経て手渡された証拠・・・・・・
それがオ・ジヌを野獣に変える。

ラストのエンドロールの中ほんの一瞬うつるオ・ジヌの微かな笑みは諦めにも悲しみにも見えます。


******************************************

客観的に見て髪はボサボサで顔も汚くて美しさのかけらもないサンウはとてもカッコ良かった。20060207_yaju_05どこかの御曹司をやっている時の数十倍いや数百倍はカッコ良かった。
アクションもスタントなして全部やってのけたそうだがあれじゃあ生傷が絶えなかっただろうと思う。

ユ・ジテも『春の日は過ぎ行く』『アタック・ザ・ガスステーション』『リベラ・メ』『ミラー』『オールド・ボーイ』と見てきたが今回が一番良かった。05s本当に背が高くてサンウだって決して小さくないのに肩幅の広さがものを言っていました。体の大きさだけでなく存在感がとってもありました。

ヤクザの親分のソン・ビョンホは『ナイスガイ』や『木浦は港だ』『チューブ』『大統領の理髪師』「パイラン』などなど多くの作品で見かける俳優さんですがちょっと癖のある役がとっても上手な役者ですよね。cst_p02


|

« 『雪だるま』 | トップページ | 『フルハウス』放送決定?! »

韓国映画(あ行)」カテゴリの記事

コメント

キャサリンさんへ
ぼくのblogへの書き込みありがとうございました。
かなり、通のようですね。いろいろご指導ください(笑)
僕は今度はチョンウソン主演の映画の音楽producerをやります。

投稿: lipuma | 2006/02/13 12:27

lipumaさん、コメントまで入れていただいて
ありがとうございます。
今度はウソン氏のものなんですか。
楽しみにしています。
またお邪魔させていただくかも・・・

投稿: キャサリン | 2006/02/13 21:00

こんばんわ!『カリスマ映画論』管理人の睦月です。TB&コメントありがとうございました!
私も最後にオ検事の表情には、いろんなことを感じました。たしかにすっきりと歯切れのいいラストではないけれど、心に重く深く残る作品だったと思います。

ではこれからもよろしくお願いしますね!

投稿: 睦月 | 2006/02/16 21:18

睦月さん、ようこそ!です。
こちらこそありがとうございました。

サンウもジテ君もいい演技をしていたので
内容がもう少し前向きであって欲しかった
ですよね。

またどうぞお越しください。

投稿: キャサリン | 2006/02/17 10:50

こんにちは!
とても切ない映画でしたね(泣)
役者さんたちの、この映画にかける意気込みがヒシヒシと伝わってきました!
ラストは・・・泣けました。
TBさせて下さいね。

投稿: | 2006/02/23 16:10

空さん、はじめまして。
二人の役者の演技にかける情熱が伺えるだけに
もう少し後味のいい映画にして欲しかったですね。

またお越しくださいね。お待ちしています。

投稿: キャサリン | 2006/02/23 20:40

キャサリンさん♪
こんばんは! 遅くなりましたけど、ギリギリ観てきました。予想以上に良かったんですけど...
ラストはゆるいかな?と思いながらも...
法でジテが裁いて...では、そちらのほうがゆるいのか?キャサリンさんの記事読んでちょっと思いました。
劇場で鑑賞して満足は出来ました。
また、立ち寄ります。

投稿: じゅん | 2006/03/13 01:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95449/8613695

この記事へのトラックバック一覧です: 『美しき野獣』:

» 美しき野獣 [ネタバレ映画館]
 野獣刑事というよりも無謀刑事といったキャラのクォン・サンウ。無骨なプロポーズも参考になりました。 [続きを読む]

受信: 2006/02/12 08:52

» 「美しき野獣」劇場にて [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
県内ではシアター大都会のみでの公開作品、韓国映画『美しき野獣』を見てきました。 [続きを読む]

受信: 2006/02/12 10:57

» 映画館「美しき野獣」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
クォン・サンウが、叫びます!泣きます!殴ります!鼻水出ます!唾も飛ばします!! クォン様ファン、必見(?)の作品でしょうかねぇ。まぁ、私も写真集買っちゃったくらいのファンなのですが、ドラマ「天国の階段」でファンになったので、今回のような髪の毛ボサボサ...... [続きを読む]

受信: 2006/02/12 20:47

» 『美しき野獣』(’05 韓国) [よんふぁ広場2〜HONDOのつぶやき〜]
f:id:hondo-lee24:20060207165546j:image 本日は、昨日の試写会で急遽鑑賞したこの韓国映画を。 美しき野獣(原題『野獣』()) 犯人逮捕のためには強引なやり方も辞さないゆえ、上からは異端児扱いされている熱血刑事ドヨン(クォン・サンウ)。何よりも法と秩序を重視し、妥協を許さないエリート検事ジヌ(ユ・ジテ)。全くタイプの異なるこの2人だが、ともに同じ敵を追っていたことから手を組むことになる。巨大組織のボス、カンジン(ソン・ビョンホ)... [続きを読む]

受信: 2006/02/13 19:46

» 「美しき野獣」 [わたしの見た(モノ)]
「美しき野獣」公式フィルムブック 「美しき野獣」 70年代、松田優作が出演したハードボイルド、 アクション作品が好きな私としては、 前半部分で、その香りがした。 作品の方向性は、 今の邦画には観られない感じで、かなり好きなタイプ。 ハッピーエンドとは... [続きを読む]

受信: 2006/02/14 17:29

» 美しき野獣 [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  暴れる・アツい・男泣きのグォン様   [続きを読む]

受信: 2006/02/16 01:34

» 『美しき野獣』 [ストーリーの潤い(うるおい)]
中盤までは、 「『猪突猛進型な刑事&理知的な刑事』コンビのバディ物を、『刑事&検事』にアレンジしただけの、凡百なアクション映画か? いや、たしかにアクションシーンはかなりハイレベルだけど、ストーリーに新味がないな」 という印象。 しかし!  それ以降の展....... [続きを読む]

受信: 2006/02/16 06:38

» ガキ低国@美しき野獣 [憔悴報告]
『単騎、千里を走る』を観る予定が時間に遅れてしまったので、たまたま時間が合った『美しき野獣』を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2006/02/16 15:46

» 美しき野獣 評価額・660円 [Blog・キネマ文化論]
●美しき野獣をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 過激でタフな事で知られる凶悪犯罪捜査 [続きを読む]

受信: 2006/02/17 15:09

» 「美しき野獣」力作だけど泣けない [soramove]
「美しき野獣」★★★☆ クォン・サンウ、ユ・ジテ主演 キム・ソンス監督、2005年、韓国 野獣になりきった クォン・サンウ、 冷徹な検事の心の揺れを 演じきったユ・ジテ 二人がこの映画にかけた 意気込みは画面から熱く伝わる、 悪役の親分も憎々しくて良...... [続きを読む]

受信: 2006/02/18 11:08

» 美しき野獣 ジャパンプレミア 映画レポ編 [つぶあんの★my favorite things★]
一日も早く観たかったサンウの作品。 冒頭から大迫力のアクションシーンに圧倒された。 スタントを使わずに全てを演じきったサンウをリスペクト。 やっぱりドーランが黒っ!って何度か思ったけど 徐々に違和感がなくなってきた。 逆に色白ツルツルお肌のサン...... [続きを読む]

受信: 2006/02/19 17:30

» 美しき野獣 [Alice in Wonderland]
クウォン・サンウ!この役はおいしすぎるよ!かっこよすぎるよ!ボサボサ頭に無精ヒゲも様になってたしクウォン・サンウもこの役に陶酔しきってた様な感じで魂を感じちゃいました。ユ・ジテも難しいだろう役を見事に演じていて感動してしまいました。 ソウル地方警察の...... [続きを読む]

受信: 2006/02/20 15:17

» 【美しき野獣】 [空の「一期一会」]
★う~ん・・・「美しき野獣」というよりは、「哀しき野獣」でしたね(泣)ただ、人並 [続きを読む]

受信: 2006/02/23 16:11

» 映画「美しき野獣」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:野獣(Running Wild) 『オールド・ボーイ』あるいは『シュリ』のイメージを期待して観たが・・、男の友情もちょっぴりあるが、ただただバイオレンスに満ち満ちている・・。 チャン・ドヨン(クォン・サンウ)は短気で粗暴で野獣のような刑事、オ・ジヌ(ユ・ジテ)は冷徹なエリ... [続きを読む]

受信: 2006/02/25 12:25

» 美しき野獣 [うぞきあ の場]
原題は “RUNNING WILD”。 不思議だ。実に不思議だ。 どうして、邦題が “美しき野獣”になるのか? これでは、いつものごとく、客層が限定されてしまう。 私の行った、ユナイテッドシネマもそうだった。 100名ほどいた観客の中で、男性は私を含んで3人(!) 他は、いつもの年代の方々だ。 別にそれがいけないとは言ってない。 クォン・サンウとユ・ジテが出演。 タイトルは“美しきなにがし・・・” い�... [続きを読む]

受信: 2006/02/26 21:53

» 美しき野獣 [シネクリシェ]
 70年代頃に流行った熱血刑事ものの流れをくむ作品。  この手の作品は、最近では5年半前に『黒いジャガー』がサミュエル・L・ジャクソン主演で [続きを読む]

受信: 2006/03/02 06:38

» 『美しき野獣RUNNINGWILD』(2006年) ★★★☆☆ [どっぷりレビュー]
日本で同じ日(2/11)に公開された『PROMISE/無極』が三週連続トップ10圏内をキープしているのに対して、その後の消息が聞こえてこないのが残念なクォン・サンウ、ユ・ジテ主演の『美しき野獣』を観てきました。一般道を逆走するオートバイを同じく逆走して追跡するチャン...... [続きを読む]

受信: 2006/03/04 16:01

» 『美しき野獣』みましたぁ! [韓ドラのたまり場]
『美しき野獣』クォンサンウさん、ユジテさん共演...2006年作品 ...野獣 (英題...Running Wild) junsanga的評価★★★★☆(満足度は高いけどR-15指定) ①クォンサンウさんのハードなアクションシーンはやっぱりすごい!韓国では人気がすごくある役者さ....... [続きを読む]

受信: 2006/03/13 01:24

» 美しき野獣 [映画通の部屋]
「美しき野獣」 RUNNING WILD/製作:2005年、韓国 125分 R- [続きを読む]

受信: 2006/04/25 22:54

« 『雪だるま』 | トップページ | 『フルハウス』放送決定?! »