« 『パリの恋人』カットシーンⅠ | トップページ | 『パリの恋人』カットシーンⅡ »

『彼女を信じないで下さい』

『氷雨』のキム・ハヌルからの繋がりでこの映画を観ました。
*******************************************
kanojyowoshinjinaidekudasai

[制 作 年] 2004年
[原 題] 彼女を信じちゃだめですよ 
       
[英 語 題] Don't Believe in Her  
       Too Beautiful To Lie
[監 督] ペ・ヒョンジュン 

[出 演] 
キム・ハヌル   → チュ・ヨンジュ    
カン・ドンウォン  → チェ・ヒチョル
ソン・ジェホ  → ヒチョルの父
キム・ジヨン  → おばあさん
イ・ヨンウン → チェ・スミ ヒチョルの妹
【ストーリー】
仮釈放された天才的な詐欺師・ヨンジュは、列車の中で薬剤師・ヒチョルを痴漢と勘違いし、ひと悶着。その後ヒチョルが恋人にプロポーズするために買った指輪を盗まれるのを見て、ヨンジュはそれを取り戻すために列車を降りる。でもそのせいで列車はヨンジュのカバンを乗せたまま行ってしまう。ヒチョルに会えばカバンが取り戻せると考えたヨンジュは指輪を届けにヒチョルの家に向かい、その場の成り行きで彼の恋人として振舞ってしまったがためにとんでもない騒動に・・・

*******************************************
c907f32b-s

軽快なタッチのラブコメで何も考えずただ楽しめる映画です。
主演のキム・ハヌルの詐欺師っぷりがなかなか様になってるし、コメディーにまだ慣れてないぎこちないカン・ドンウォンがかえって滑稽で面白かったです。
内容は見ているうちに結末が解ってしまう様な簡単な作りになっていますがそれでも充分にB級コメディーとして楽しめました。
嘘ばかり言っているヨンジュがふと見せる優しい素顔や本音、ヒチョルの家族とのかかわりは気持ちを優しくしてくれたし、mainカンドンウォンも大げさな表情やしぐさで頑張っていました。トロットもなかなか上手でしたよ(笑)それに何より『唐辛子の早食い』は決死の覚悟で望んだ撮影だったろうと思います。いつだったかこの映画のインタビューで『死ぬほど辛かった!』と言っていたように思います。
03_large
ただちょっとキム・ハヌルと並ぶとカン・ドンウォンがやけに若く見えてしまったことと、キム・ハヌルが彫った鳥・・・(雁?鴨?)がとても上手とは思えなかったんですが、私に芸術的センスがないからかしら・・

|

« 『パリの恋人』カットシーンⅠ | トップページ | 『パリの恋人』カットシーンⅡ »

韓国映画(か行)」カテゴリの記事

コメント

キャサリンさんこんばんわ
キム・ハヌルは「秘密」のお姉ちゃんですよね。
あれしかみた事ないなぁ。
でもこの映画日本でも話題だったので観てみたいなぁと思っていました。
軽く楽しめる映画っていいですよね。

投稿: ゆき | 2006/01/11 22:34

ゆきさんこんにちは!
そうそう、『秘密』のお姉ちゃんです!
軽く楽しめる映画で彼女の出ている作品と言えば
クォン・サンウと共演した『同い年の家庭教師』
も面白いと思いますよ。
時間があったらぜひどうぞ。

投稿: キャサリン | 2006/01/12 14:35

キャサリンさん、アンニョン♪
ぶ、確かに!キムハヌルのあの雁の置物、とても上手とは。。。
荒削りでしたね(笑)
あーやっぱり辛かったのね~。撮影大変だろうなぁ~と思っていたのですよ。そうですね、普通に簡単に楽しめる映画だと私も思いましたぁ!!
TBしまーす♪

投稿: so-so♪。 | 2006/07/10 01:22

so-so♪さん、こんばんわ~☆
やっぱね~、あれは鳥の区別がつかない気がします(笑)
それに唐辛子は考えただけでも痛そうですよね。ドンウォン君の頑張りに拍手です☆

キム・ハヌルは耐え忍ぶ役よりこっちのほうが向いてるような気がします。

投稿: キャサリン | 2006/07/10 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95449/8115776

この記事へのトラックバック一覧です: 『彼女を信じないで下さい』:

» 彼女を信じないでください:カン・ドンウォンのコメディはいい感じ VTC六本木ヒルズ [気ままに映画日記☆]
Happy Together、リメンバーミーでは苦難にたえる薄幸の美女といった風情だったキム・ハヌルが今回はコメディに挑戦。相手はオオカミの誘惑のカン・ドンウォンこれは期待して見て来ました。 出だしは刑務所、女詐欺師のヨンジュ(キム・ハヌル)は得意の芝居で仮釈放をと..... [続きを読む]

受信: 2006/01/12 21:56

« 『パリの恋人』カットシーンⅠ | トップページ | 『パリの恋人』カットシーンⅡ »