« 『ワイルドカード』 | トップページ | 『パリの恋人』カットシーンⅠ »

『氷雨』

実家にレンタルしていたビデオをこのお正月に行った際に取り戻してきた中にこの映画があったので久々に見てみました。今、『デイジー』という映画でチョン・ジヒョン、チョン・ウソンと共演しているイ・ソンジェ主演の映画でキム・ハヌル、ソン・スンホンが出演していると言う事でも話題になった映画ですね。昨年の韓シネのオープニング作品として主演のイ・ソンジェの舞台挨拶もありました。(*ネタバレありますので見てない方はご注意を・・)
hisame

[製 作 年] 2004年
[原 題] 氷雨 
[英 語 題] Ice Rain
[監 督] キム・ウンスク 

[出 演] 
イ・ソンジェ  → カン・チュンヒョン
ソン・スンホン → ハン・ウソン
キム・ハヌル  → キム・ギョンミン
   
【ストーリー】
〜アラスカのアシアクを登れば 自分を残してこの世を去った人々にきっと会えると信じられている・・・・〜
大学で再会した幼なじみの女の子ギョンミンを想い続けていたウソン。しかし、登山中の事故で死んでしまった彼女への想いを胸に、生前ギョンミンが憧れていたアシアック山に登り始めるウソンだが、途中、同じ登山チームのジュンヒョンと遭難してしまう。激しい吹雪、大怪我を負ったジュンヒョン覧絶望的な状況の中、眠らないためにもそれぞれの恋の思い出を語り始めるが、互いに胸に秘めていた女性こそ、幼なじみのギョンミンだった・・・。

******************************************
20
回想部分などで現在と過去が行ったり来たりするので見ていてわずらわしい部分もありましたが全体的には良かったと思います。
ソン・スンホンはギョンミン(キム・ハヌル)に見せるとても純粋で淡い恋心をいだく青年と、年月を経て成長し、愛する人のために山を志すようになった静かな強さを秘めた男をとても上手く表現しています。
キム・ハヌルは不倫の恋を演じているのですがその楽しさや悲哀をとても素直に表現できているように思えます。キム・ハヌルの演技は作品によってとてもわざとらしく見える時があるのですが(生意気を言っているようですみませんが・・)この映画に関してはとても良かったです。ただ、登山をしている人間にしては線が細く岩やロープを掴む指があまりにも細くきれいでちょっと違和感が否めない部分もありましたが・・・eiga4
韓国で初めて本格的なカナダでのロケーション撮影だったそうですね。なかなか迫力のある映像もあります。
でも、この映画は雪山の脅威とか自然の猛威を訴える映画ではなくやはり愛について考えさせられる映画になっているんじゃないでしょうか。
hisame
主演のイ・ソンジェはなかなか渋い俳優さんですね〜。すっごく目を引くようなタイプではないんですけど『風林高』(新羅の月)や『美術館の隣の動物園』『吠える犬は噛まない』での演技もいいです。
でもこの映画に関しては主役はスンホンかも・・・
 


|

« 『ワイルドカード』 | トップページ | 『パリの恋人』カットシーンⅠ »

韓国映画(は行)」カテゴリの記事

コメント

おひさで~す。
「氷雨」、去年映画館で見ました。
良かったです。
スンホンも良かったですが、
イ・ソンジェもなかなか演技派で
大人の渋い面が良く出ていたと思います。

地下鉄のホームでひとり立っている彼の姿、
目に焼きついています。

どこにでもいそうで、ちょっといない
そんなステキな男性ですね。

今年もヨロピク!

投稿: オペラ | 2006/01/10 00:03

オペラさん、お久しぶりです~
今年もお互いいい年にしましょうね!

確か彼は今年で36歳ぐらいですから
映画のころで34歳ぐらいでしょ。
渋くなっていくお年頃ですね(笑)
『風林高』の頃の方がふけてたので今の
ほうが年相応に見えるような・・・
最近もいい映画に出ているようなので
楽しみです。

これからも時々お越しくださいね~

投稿: キャサリン | 2006/01/10 11:25

キャサリンさん、遅くなりましたがおめでとうございます。
おっとウリスンホニ(笑)の氷雨ではないですか!!
これコケタみたいですが、私はスンホニというのではなく普通に好きでした。
なんかしっとりしていますよね。スンホニもいいけど、イソンジェさんもいいですね。渋いし。この映画でトッポギが食べたくなりましたよん。

今年もよろしくお願いします♪

投稿: so-so♪。 | 2006/01/10 21:35

so-soさん、コメントありがとうございます。
今年もよろしくお願いしますね。

この映画がコケたといわれる要因のひとつはこの
映画のジャンルを
「雪山を舞台にした壮大な愛と勇気とミステリー」
と銘打ってしまった事じゃないでしょうか・・・
そういう感じの映画ではないように思えます。
どちらかと言え一人の女性をめぐる愛の物語の色の
方が濃いんじゃないでしょうか。

私も映画としては良かったと思います。
今年もまたお越しくださいね~☆

投稿: キャサリン | 2006/01/11 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95449/8047343

この記事へのトラックバック一覧です: 『氷雨』:

» ソン・スンホンの「氷雨」を見ました! [diary(徒然なるままに)]
韓流シネマフェスティバル池袋に先週に行くはずが行けなくなり、どうしても見たくなってDVDをgetし、昨夜見ました♪一緒に行くはずだった友達がフォトブックをプレゼントしてくれていたので、今日そのフォトブックを復習! 映画淡々としていて、あまり抑揚がないけど好き...... [続きを読む]

受信: 2006/01/10 21:39

» 氷雨 06年7本目 [猫姫じゃ]
氷雨 キム・ハヌルちゃんつながり。彼女って、ほんと、細いわねぇ、、、ソン・スンホンって、やべっち+元ジャイアンツ 元木大介って感じ?? ハヌルちゃんをめぐる、三角関係の映画。 途中まで、宮崎アニメのノリだった。乙女の恋心。それが、、...... [続きを読む]

受信: 2006/01/23 12:37

« 『ワイルドカード』 | トップページ | 『パリの恋人』カットシーンⅠ »