« 『氷雨』 | トップページ | 『彼女を信じないで下さい』 »

『パリの恋人』カットシーンⅠ

psy16
今月26日にパク・シニャン氏が公式的に初来日と言う事で『パリ恋』を見返している方も多いのかもしれません。
まぁ私もそんな一人であるわけなんですが、心優しい友人が昨年オリジナル版を貸してくれたのでBS日テレと地上波吹き替え版を少々見ていた私にはカットされていた部分が結構あって再視聴といえども新鮮なものでした。
そこでBS日テレ版とオリジナル版のカットシーンを小さなところは省いて書き出してみようと思います。
話の区切りも所によって違っているようですがここではオリジナルの方でいきたいと思います。

☆::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::☆
images

第 1 話
☆目覚まし時計を見て驚いて起きた後、テヨンは洗髪をしています。その時洗面台が詰まり水が流れなくなってしまいます。そして手抜きの化粧をした後、フランスパンをくわえて家を出ようとしますがすぐに引き返しビンに入っている少しの小銭を数えて掴んだ後隠れるようにして自転車で家を出て行きます。

☆カフェの仕事をクビになったテヨンは噴水に戻って文句を言います。『韓国語で言ったから聞き取れなかったの?大目玉じゃなくて大儲けって言ったでしょ!』と言いながらズボンの裾をたくし上げて噴水に入りコインを1枚拾い『これ、返してもらうわよ!』と言って噴水を出ます。そしてベンチに寝転がりそのコインに向かって『大儲けがダメなら大金持ちの男でもいいよ!』と再び噴水にコインを投げ込みます。
この後オープンカーで走るギジュのシーンへ・・

☆ギジュの家政婦として就職した夜、カセットテープにメッセージを吹き込みテープを木箱の中に投げ入れます。翌朝自転車で街中を行くテヨン。郵便局でテープを韓国に送ります。そしてスーパーへ行きリストにあるギジュ指定の買い物をするのですが一つ一つがみんな高級品なのでブツブツ文句を言いながら買い物をしています。それが窓拭きのクリーナーまで商品指定なので『この人もしかして性格破綻者なんじゃない?』と愚痴るテヨン。
そして屋上から双眼鏡で待ち行く車を見ているギジュのシーンへ・・

☆部屋を掃除に来たテヨンが勝手にバスルームを使いソファーでコーヒーを飲んでいるシーンのところでこれまた勝手に見ている映画は『ローマの休日』でグレゴリー・ペックとオードリ・ヘップバーンがスクーターでローマの街を二人乗りして走る場面なんですがテヨンはこのシーンを巻き戻しては見ているようです。この後仕事を終えて家に戻ったギジュがビデオをつけようとしてリモコンを探し、テレビの前に無造作に放り出してあるリモコンでビデオをつけた時も同じシーンが流れていました。
つまりこれらのシーンはギジュの部屋に泊まった時のテヨンが愛する人(父親)の面白い癖について話すところの伏線になっているわけです。テヨンは父親似ってことなんですね。
ここのカットは惜しいです。これを踏まえてテヨンの話を聞けばもっと面白さに深みが増したでしょう。

☆タバコをつぶされたテヨンがギジュの家まで運転していく車の中ではこんな会話がありました。
『いい車ね。あんたの?』『自分のじゃないでしょう。---ほらやっぱり』ギジュは無言。そしてギジュの高そうなスーツやチーフを触り『あれ?なにこれ またまた(笑)いい子ちゃんとかは騙されちゃいそうだね。これって偽物でしょう。私この分野に結構詳しいんだ。本物は触った時の感触からして違うんだよね。一体パリのどこでこんなものが買えるの?』とすっかりタメ口のテヨンです。その後やっと口を開いたギジュが『次の交差点左』の会話へ・・

☆ボディエ社長から夕食の誘いがあり社長の夫人がカンヌン出身と聞きテヨンを思い出した後学校で学ぶテヨンの姿が映ります。
(先生の声)「今日は自分が知っている人を形容詞を使って描写してみましょう。たとえば背が高い、髪が長いなど・・・」ボーとして何かを考えているテヨンを先生が指名します。何度か名を呼ばれて気づきます。「誰かを形容詞を使って表現して」といわれ言いよどむテヨン。「緊張しないで・・ゆっくり。誰でもいいから思い浮かべて・・・」と先生に言われると
『そうですね・・・彼はメガネをかけてて、東洋人で、お花が嫌いで、レースのカーテンも嫌ってて、私のことも・・・嫌ってます』怪訝そうな先生の顔。「それでは今度は形容詞を使ってもう一度やってみましょう」と言われます。
『だから・・・なんと言うか・・・彼は偏屈で性格も悪いしせっかちだし、とにかく気に入りません!!』
テヨンの発言に顔を見合わせ唖然とする生徒達。先生も二の句が告げず「ありがとう・・・・・どうぞ・・座って・・・」と困惑気味。言ったテヨンも苦笑いです。
そして授業を終えて自転車で学校を出て噴水のところでギジュと再会する訳です。
この後ドレスの選択、ボディエ夫妻との食事、ダンスシーンまでほとんどカットはありませんでした。
ということで1話終了です。

|

« 『氷雨』 | トップページ | 『彼女を信じないで下さい』 »

コメント

ええと、あたしは12月に20話見直しました。(DVD買っちゃいました)あたしは地上派を観ていたのでキャサリンさんの記事と地上派を比較してます。
☆オープニングのカットはありませんでした。
☆カフェを解雇された後の噴水のシーンカットありませんでしたが、オープンカーのシーンはカットいきなりスンジュンと会話のシーンでそのあとプールサイドのシーンへ(あの女性のからみは全てカット)
☆テープ吹き込み→郵便局→買い物→ギジュ屋上までカットなしでした。
☆バスルームを使ったシーンはカットでした。DVDを観ていたようですがその程度、繰り返しかはわかりませんでした。
☆車のシーンもカットなし
☆授業のシーンはカット(だったと思う)ギジュと会って、カフェのシーンはカットでいきなりブティックでドレス選びでした。
案外覚えているものですね。

投稿: ゆき | 2006/01/10 23:07

ゆきさん、こんばんわ~!
BS日テレと地上波日テレとは微妙にカットが違うんですよね。
3つの比較と言うのも面白いものです。
これからも参加してくださいね。よろしく!!

投稿: キャサリン | 2006/01/11 21:32

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『パリの恋人』カットシーンⅠ:

« 『氷雨』 | トップページ | 『彼女を信じないで下さい』 »