« 『イエスタデイ 沈黙の刻印』 | トップページ | 『ピアノを弾く大統領』 »

『リベラ・メ』

チェ・ミンス繋がりでこちらを鑑賞。この映画を最初に見たのはもう3年ぐらい前。初めて見たときは全く知らない俳優さんばかりでした(笑)
ya9030
[製 作 年] 2000年
[原 題] リベラ・メ 
[英 語 題] Libera ME
[監 督] ヤン・ユノ 

[出 演] 
チェ・ミンス  → チョ・サンウ 消防士
チャ・スンウォン  → ヨ・ヒス ボイラーマン
ユ・ジテ   → キム・ヒョンテ 消防士
キム・ギュリ  → ヒョン・ミンソン 火災調査官
パク・サンミョン  → パク・ハンム 消防
キム・スロ  → マンチ ハンマー専門隊員
  
【ストーリー】
15年間の服役を終えたヒス(チャ・スンウォン)が刑務所を後にした直後、所内のボイラー室が爆音と炎に包まれた…。それから5ヶ月後、ヒスはかつて自分の居場所だった病院の「こども治療室」で働いていた。その頃街では、不可解な火災が連続して起こっていた。消防隊員のサンウ(チェ・ミンス)は相棒を殉職させた責任感から、危険を顧みない救助活動に没頭するが、火災原因を調査するうちに、それらがすべて治療室の子供の家であることに気づく…。
LiberaMe2
LiberaMe1
*************************************
消防士もののといえば『バックドラフト』を思い出しますがまさに韓国版バックドラフトでした。
チャ・スンウォンの少し異様なキャラのヒス役が怖いくらいに似合ってます。コミカルなものに定評のある彼ですがこういう役もなかなかいいですよ。ただ、彼にとっての救い=が『放火』って言う点はちょっと嫌かな。
ユ・ジテはちょっと気弱な消防士です。チェ・ミンスは口数は少ないけど頼れる男って感じがします。
この映画の炎のシーンはCGじゃなくて本物というから迫力がありますよ。
映画の中のワンシーンが以前テレビドラマでやっていた『め組の大吾』のあるシーンにそっくりなんですがもしかしてこの映画からパクったのかも(笑)
ちなみに『リベラ・メ』はラテン語で「我を救いたまえ」という意味だそうです。

|

« 『イエスタデイ 沈黙の刻印』 | トップページ | 『ピアノを弾く大統領』 »

韓国映画(ら行)」カテゴリの記事

コメント

幼児虐待が凶暴なヒスを作り出してしまいましたね。
昔の放火の部分をうまくぼかしているので後半へひっぱっていけてました。
タイトルは無理やり英語読みするとリバティー・ミー
(フリー・ミー)で理解しやすくなると思います。

投稿: SOPHIL | 2005/11/10 22:04

明日、テレビでやりますね。
木曜は「白夜行」「けものみち」と観たいドラマが重なっているのにそこにこの映画まで…おとなしく家に帰って観ますか。
でも、ちょっと難しそう(^_^;)

投稿: ゆき | 2006/02/09 01:14

ゆきさん、こちらにもありがとうございます。
今日9時からのようですね。
吹き替えではありますが見ようと思っています。
この映画結構な豪華キャストなんですよ。
明後日から封切られる『美しき野獣』のジテ君
も出ていますし・・

投稿: キャサリン | 2006/02/09 08:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95449/7022490

この記事へのトラックバック一覧です: 『リベラ・メ』:

» リベラ・メ [DVD LABORATORY]
炎の躍動がきれいな映画です。CGでは無く本物の炎を使用して撮影したとのことで、爆発シーンや燃え盛る炎の映像は圧巻。でもそれ以外は駄目。冒頭の火災現場のシーンでは、誰が誰かわからない。いきなり同じ消防服の人が何人も出てきてもねぇ。平均1カット4秒はスピード感...... [続きを読む]

受信: 2005/11/18 22:39

« 『イエスタデイ 沈黙の刻印』 | トップページ | 『ピアノを弾く大統領』 »