« 『ハッピー クリスマス』 | トップページ | レウォン君が来るの? »

『猟奇的な彼女』

テヒョン君といえばやっぱりこれでしょ☆
韓国映画が若い世代にもうけるきっかけとなった作品だと思います。
20050830_16342
[製 作 年] 2001年
[原 題] 猟奇的な彼女   
[英 語 題] My Sassy Girl
[監 督] カク・チェヨン 

[出 演] 
チャ・テヒョン  → キョヌ
チョン・ジヒョン  → 彼女
キム・インムン   → キョヌの父
ソン・オクスク   → キョヌの母
ハン・ジニ     → 彼女の父
   
【ストーリー】
性格の優しい大学生のキョヌは夜の地下鉄ホームで美しい“彼女”と出会う。でもその時“彼女”は泥酔状態。酔っぱらい女は嫌いだったが、車中で倒れている“彼女”を放っておけず仕方なく介抱してホテルへ運ぶ。ところがそこに警官がやってきてキョヌは留置場で一晩を過ごすハメに。翌朝、昨夜の記憶のない“彼女”は怒ってキョヌを電話で呼び出した上、詰問するのだった。しかし、これがきっかけで、そのルックスとは裏腹にワイルドでしかも凶暴な“彼女”に振り回される、でもキョヌにとっては楽しい日々が始まるのだったが…。

************************************
en_mov_ra02_003

この作品は今さら内容の説明も要らないくらい多くの人が見た映画ですよね。
テヒョン君はこの映画が初見でしたが韓国俳優らしからぬ引き締まってない肉体がなんともいえず可愛らしかったです。(可愛いお尻も見せてくれてますよね☆)
en_mov_ra02_001

チョン・ジヒョンはイルマーレの彼女とは全く違う顔を見せてくれていますね。
キョヌのお父さん役のキム・インムンは言わずとしれた「ドンヒョク父」ですがこの俳優さんは日本で公開されている映画にたくさん出演されている俳優さんです。「猟奇的な女」 ・「花嫁はギャングスター」・「盗られてたまるか」・「ピアノを弾く大統領」・「ライターをつけろ」・「英語完全征服」・「 ...ing」・「マイ・リトル・ブライド」・「恋する神父」など聞けば知っている作品ばかりですね。
キョヌのお母さんは冬ソナの「チュンサン母」ですね。あの時のピアニストの姿からは想像できないほど面白い味を出しています。そしてチョン・ジヒョンの父親役にはホテリアーの「ユンヒ父」と韓ドラ好きの私には当時そういう側面からも楽しめた映画でした。
シン・スンフンが歌う「I BELIEVE」はとても素敵な曲でした。今でも時々聞いてます。最近日本語でもリリースしましたが日本語の発音がすごくいいのに驚かされます。
C1022661
C1025587

|

« 『ハッピー クリスマス』 | トップページ | レウォン君が来るの? »

韓国映画(ら行)」カテゴリの記事

コメント

ネタばれになりますが…
皆さん既にご覧の映画と思いますのでお許しください。

ラストシーンのおしとやかすぎるチョン・ジヒョンが???だったかな。

投稿: ゆき | 2005/11/06 23:24

ねーさん
あのトイレ、行きました。
写真載せていますので、ぜひお訪ねくださいまし。

いまさらのように、自分で行っておきながら
無謀なソウルの日程、よくこなしたと思います。
はい。

投稿: sayaka | 2005/11/06 23:39

ゆきさん、こんばんわ~☆
ラストは二年たって彼女も成長したってことでしょうか?
あそこでガツンとやったら本格的に『猟奇的』だったかし
らね(笑)

sayakaさん。さっき見てきました。
バッチリ写ってましたね~
読んでビックリ見てビックリ!
なんてハードなスケジュールだったのよ!
sayakaさんの数少ない韓国語表現面白すぎ!
あれじゃぁ訛ったアジュンマです(笑)

投稿: キャサリン | 2005/11/06 23:49

そうですよね。
もともと”猟奇的”だったのか!?強がりだったのか!?
夢から覚めたって感じですかね??

投稿: ゆき | 2005/11/07 01:49

ギャオでテヒョン君の「ジュリエットの男」を見ていますが、挫折寸前です・・・^^;
猟奇的のキョヌのキャラの方が私は好きだな!

前半は大いに笑えるし、お見合いのシーンで流れる「I believe」以降は何度見てもじーんと来てしまいます。

投稿: スーザン | 2005/11/07 12:13

ジュリエットの男はイマイチなんですかね?
テヒョン君好きなんだけどドラマはハッピートゥギャザー
しか見たことないんだけど・・・
今度『いつか楽園で』に挑戦してみようかと思ってるん
ですけど・・・これはどうかしら?

投稿: キャサリン | 2005/11/07 22:45

はじめましてー。トラバ、コメントありがとです。
自分は韓国の映画って、これとカルしか知らないんですが
いまんとこ、どっちもあたりだった気がします。
ビバ、韓国ですね!

投稿: ヒロノリ | 2005/11/10 22:58

ヒロノリさん、はじめまして。
こちらこそTBありがとうございました!!

「カル」はちょっと怖い映画ですよね。
ラストであっと言わされました。

またお立ち寄りくださいね~!

投稿: キャサリン | 2005/11/11 00:37

はじめまして、tamayuraxxと申します。
TBさせていただきました。
この作品と「イルマーレ」のチョン・ジヒョンssiの役どころはかなり対照的ですね。
この作品の“彼女”も、やっていることが過激な割に、内面はかなりナイーブな印象を受けましたが・・・。

投稿: tamayuraxx | 2005/12/04 17:53

この『彼女』は過激な行動の裏に忘れられない悲しい
思い出を隠しているんですね。
だからそういう点においてはイルマーレの役と似ている
のかも知れません。

どちらの映画も私は気に入っています。

投稿: キャサリン | 2005/12/04 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95449/6932313

この記事へのトラックバック一覧です: 『猟奇的な彼女』:

» 猟奇的な彼女 2001年 鑑賞記 [美しき韓流な日々]
猟奇的な彼女 >>大学生キョヌは、電車内で酔っぱらいの美女を介抱する。翌日、その彼女に呼び出されたキョヌだが、お礼を言われるどころか彼女の横暴な言動や態度にびっくり。しかし、名前も明かさない彼女の心になにか悩みがあると気づいた彼は、言われるがままに付き....... [続きを読む]

受信: 2005/11/08 01:13

» 猟奇的な彼女 [徒然ざんばら日記]
ツタヤレンタルで借りてみました。前々から、このビジュアルに魅かれてさらにタイト [続きを読む]

受信: 2005/11/10 18:18

» [映画]猟奇的な彼女 【ネタばれ】 [Four Seasons]
今さらですが「猟奇的な彼女」です ^^ 猟奇的な彼女 出演:チョン・ジヒョン、チャ・テヒョン 他 監督:クァク・ジェヨン (2001年 韓国)---Story--- 箱入り息子な大学生キョヌ(チャ・テヒョン)は、ある日地下鉄で 泥酔した美しい女性(チョン・ジヒョン)と出会う。 彼女は、外見は極上なのにやる事が突飛。口癖は「ぶっ殺すよ」。 かくしてキョヌのさんざんだが楽しい日々が始まる・・・ ---Impression--- あまりにも有名すぎてわたしが感想を書くまで... [続きを読む]

受信: 2005/12/04 17:38

» 猟奇的な彼女 [takatoのblog]
僕カノを見る前に見ておかねばと思い、DVDで見ました。いやー、これいいですね。かなりGOODです。 さすがに韓国という国はお堅いらしく、お酒を飲むとき口元を隠したり、絶対キスするべきシーンで何も起こらなかったり。これは、キスだらけのハリウッド映画ばかり見ているとかなり新鮮ですよね。なんか昔の自分を思い出すみたいで、、、 【ネタばれ】 2年後に再会できなかったところで、なんとも言えず寂しかったのですが、そのお陰でキョヌが木を植えるストーリーが出てきたり、最後のじーんとくる嬉しい場面につながるんですね。... [続きを読む]

受信: 2009/10/17 22:13

« 『ハッピー クリスマス』 | トップページ | レウォン君が来るの? »