« 『イルマーレ』 | トップページ | 来週からは『サンドゥ』 »

『サムシク』の選択

21d50a92_gn20050630104911_0
時の流れは傷ついた心の棘を少しずつ少しづつ洗い流してくれる事がある。
悲しい出来事を想い出に変えててくれることがある。
でも、フリーズしてしまった進行形の愛はどこに流れていくんだろう・・・

何も告げずに変わらぬ愛を信じて旅立ったヒジンの想い。
理解してあげたいけど時の流れのもつ残酷さも知るべきだったのかもしれない。
人は良かれと思って口にしなかった事が時としてひとりよがりになってしまう事もあるんだよね。

確かにヒジンを忘れられなかったサムシク。
そのサムシクにサムスンは言う。
「愛であれ、意地であれあなたは待っていたんだ」と。

空白の時に隠されたヒジンの思いを知り、もう一度愛を進行形にしようとしたサムシク。
でも、それはきっと見そこなってしまった夢の結末を時の流れを遡り見ていただけのことだったのかもしれない。
待ち望んだ夢の続きを見終わってふと目覚めた時に、今の自分の中にある進行形をはじめて意識できたサムシク。ヒジンとよりを戻した事が結局はサムシクにサムシク自身の『今』を気づかせてくれたんだと思う。
ヒジンにとっては常に進行形の愛だったんだろうと思うと胸が痛むけど・・・

存在自体が笑えるサムスン。
豚足のような不細工な手をしたサムスン。
温度調節自由自在の三段腹を持つサムスン。
でも、自分を飾らない正直なサムスン。
本音で生きているかわいいサムスン。

気がつかないうちにサムシクの進行形はそこにあった訳ね・・・・

|

« 『イルマーレ』 | トップページ | 来週からは『サンドゥ』 »

私の名前はキム・サムスン」カテゴリの記事

コメント

キャサリンさん、こんにちは!
きっと、サムシクの心はヒジンが自分のもとを黙って
去ってしまった時に凍りついてしまったんですよね。
それが、サムスンと出会ったことで、自分でも
気づかないうちに溶け始めて・・・。
だから、ヒジンとよりを戻した最初こそおいおいってくらい
ラブラブでしたけど、すぐに相手が違うって気づいたのかな。
ただ、完全に溶けるまで、サムスンに対する感情が
わからなかったり、認めたくなかったりで、
ヒドイことばっかりしてたけど。
ヒジンもジンホンのため、と思って何も言わずに去って、
それが結局ジンホンと自分にとっては最悪の選択だった
と知るわけだけど・・・。
ハンサムガイ、ヘンリーと出会えたんだもん、
よかったじゃないね~(笑)。

投稿: 多賀子 | 2005/11/02 11:03

Rei-san

I am Genki.
I went "Samusun"'s house!!!

Please expect my report.
See you then.

Sayaka

投稿: sayaka | 2005/11/02 21:04

WAO!!!
ソウルからご登場ですね~
元気そうでよかったよかった!
サムスンのおうちに行ったのね。
写真見せてもらうのが楽しみです☆
では、
元気に帰ってきてくださいね~~~~~!

投稿: キャサリン | 2005/11/03 06:18

多賀子さん、おはようございます~!

そうそう、ヒジンと和解したと思ったらあのラブラブ
ブリにはビックリでした。
それまではなんだったのよ!!って(笑)

まぁでも一度はその道を通らなきゃサムシクには
サムスンの良さが解らなかったんでしょうからね。

それにしてもヘンリーはカッチョ良いですね☆
バスケットのプレー姿に惚れてしまいそうでした(笑)

投稿: キャサリン | 2005/11/03 06:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95449/6815702

この記事へのトラックバック一覧です: 『サムシク』の選択:

« 『イルマーレ』 | トップページ | 来週からは『サンドゥ』 »