« 『恋風恋歌』 | トップページ | 『MUSA〜武士〜』 »

『ラブ〜最愛の人〜』

01
n_684bwd00151rps
[製 作 年] 1999年
[原 題] ラブ 
[監 督] イ・ジャンス[第1作]

[出 演] 
チョン・ウソン  → オ・ミョンス    
コ・ソヨン   → ジェニー
パク・チョル → ブレッド オ・ギチョル
イ・ボムス  → ジョンチョル

スランプに陥ったマラソンの金メダリスト(チョン・ウソン)と海外養子縁組でアメリカに来たものの養父母にも捨てられてギチョルのもとで実の親を探すジェニー(コ・ソヨン)。この先に希望が持てない二人がお互いの存在に希望を見出していくラブストーリー。かな?
02


恋風恋歌に続きコ・ソヨンですがこちらも淡々としたストーリー展開です。
う〜〜ん、二人の気持ちが近づきあう過程は淡々ながらもなかなかいい感じなのですがマラソンという部分ではこれでいいの?って思ってしまう部分がいくつか・・・
やっぱ186センチも上背があるとマラソンランナーっぽくないですよね。
イ・ボムス、パク・チョルはやっぱなかなかいい味出しています。この二人、脇役で数多くの映画に出てますが結構存在感があって好きですね〜☆チョン・ウソンは年を重ねるほどいい男になってきたと思います。つまり今の方が素敵です(笑)
   

|

« 『恋風恋歌』 | トップページ | 『MUSA〜武士〜』 »

韓国映画(ら行)」カテゴリの記事

コメント

この映画は大好きです。
「私の頭の...」で日本でもチョン・ウソンさんの人気もでるでしょうからこの映画をご覧になる方も増えるのでは。
みんなで車で出かけて途中で諦めないで本来のパーティーに行って欲しかったです。
前編アメリカロケなのでちょっと変わった韓国映画となってしまいましたがラストは泣かせてくれました。

投稿: SOPHIL | 2005/10/31 21:02

SOPHILさん、こんばんわ~!
「ごめ愛」や「ホテリアー」でも海外に里子に出された
子供の現状を厳しいものとして描いていますが、この
映画を観たときもそんなことを考えてしまいました。
ストーリーは少し無理もありましたがコ・ソヨンとチョン・
ウソンの絡みは良かったです。
パク・チョル氏はいろいろなドラマにも脇役として出演し
ていますが面白みのある役者さんだと思います。

投稿: キャサリン | 2005/10/31 23:02

韓国では海外への里子が実際にあるようですね。
その境遇がどうかはわかりませんが。
パク・チョルさんは「星に願いを」に出演されていた方ですね。「イヴのすべて」のアナウンサーもそうだと思うのですが確信はありません。

投稿: SOPHIL | 2005/11/01 08:36

SOPHILさんおはようございます。
パク・チョル氏は「イヴの全て」でアナウンサー
室長をやっていましたね。「星に願いを」では
いけ好かない長男でした(笑)
その他「チム」という映画にも出ています。(この映画結構好
きです)

投稿: キャサリン | 2005/11/01 09:09

キャサリンさん、アンニョン♪
TB&コメントありがとうございましたぁ。
そうそう、確かに身長の大きいマラソンランナー、ちょっと違和感ありだったかも。けどウソンssiなのでOK(笑)
最後の星に願いをではバカ兄だったパクチョルの演技がよかったですね♪

投稿: so-so♪。 | 2006/02/27 17:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95449/6131246

この記事へのトラックバック一覧です: 『ラブ〜最愛の人〜』:

» チョン・ウソンssiの「ラブ・最愛の人」を見ました! [diary(徒然なるままに)]
チョン・ウソンssiの「ラブ・最愛の人」を見ました。映画として古いし、最初のうちしばらくはウソンssiのセリフも少なくて、どうしようかなぁ〜とか思ってみていたのだけど、彼の心の傷が癒えていく過程と、彼女の恋をしていく過程がいいですね。ウエストサイドストーリーの....... [続きを読む]

受信: 2006/02/27 17:45

« 『恋風恋歌』 | トップページ | 『MUSA〜武士〜』 »