« 『ひとまず走れ』 | トップページ | ただ今停滞中・・・ »

「四月の雪」鑑賞

c0009760_2259619


[制 作 年] 2005年 
[原 題] 外出 
[英 語 題] April Snow 
[監 督] ホ・ジノ [第3作]

[出 演] 
ペ・ヨンジュン → インス コンサート照明監督    
ソン・イェジン → ソヨン 中学校教師
リュ・スンス  → ユン・ギョンホ ソヨンの夫
イム・サンヒョ → インズの妻 カン・スジン

《ストーリー》
妻スジンが交通事故に遭ったと知らせを受けインスは病院へ向かったが、そこにはスジンと一緒に事故に遭ったギョンホの妻ソヨンがいた。重傷を負ったスジンとギョンホは意識を取り戻さない。そしてインスとソヨンは、スジンとギョンホが不倫関係にあったことを知る。看病のために滞在したモーテルで、そして病院で、ふたりは同じ時間を過ごすうちに・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
実に淡々としたストーリーでした。油絵のように鮮明でなく、水彩画のような淡い感じでもなくまるで水墨画を見ているような映画でした。
登場人物も少なくセリフを極端に減らして間合いと余韻で映画を見ている者が読み取っていかなければ解らない感じがしました。そのせいかインスにもソヨンにも感情を移していく事ができず涙が出る程の感情の起伏もないままエンドロールを迎えてしまった感がします。
「春の日は過ぎ行く」も私には何の余韻も残してくれませんでしたがこれがホ・ジュノ監督の世界なのでしょうか・・・・
まだこの「四月の雪」のほうが『静かでしっとりとした映画だった』という記憶は残してくれたように思えます。
1_2
1_1
ペ・ヨンジュンの端正な顔に少し不具合なあまりにも見事な体は努力の賜物です。
ソン・イェジンの下着姿は色気は感じないものの清潔感がありました。
index_36
index_30
不倫のシーンも9時間もかけて撮った割にはさりげない感じでした。
bb6ce86418d009d56555127eadf1bcd0
ほとんど笑顔のない映画の中での笑顔の二人です。

****************************************
今日はレディースデーでもないのに開演20分前に入った私たちは最上段の席でした。
〔109シネマズMM横浜 にて鑑賞〕

|

« 『ひとまず走れ』 | トップページ | ただ今停滞中・・・ »

韓国映画(さ行)」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。このHPもお気に入りに入れて(My Hotelierの下)時々訪れていますが、書き込むのは初めてです。ヨンジュンsiiのファンですが、忙しくて映画館で見る習慣もないこともあり、まだ見ていません。見たいな~、どんな映画かな~どこで見れるのかな~と思っていたので大変参考になりました。ネットでの情報と同様、やはりセリフが少なて淡々としたあまり面白い感じの映画ではないみたいですね!間合いと余韻で見る水墨画を見ているような難しい映画らしいと…。ドラマはよく見るけれど、韓国の映画は「猟奇的な彼女」と「僕の彼女を紹介します」「ブラザーフッド」位しか見たことがない私はもっとテンポがあって楽しい映画の方がいいけれど、彼を応援したい気持ちもあるし、時間があったら見に行こうかと思案中ですが、終わってしまうかな…。

投稿: angel_green888 | 2005/09/30 19:35

angel_green888 さん、こんばんわ~!
こちらにもいらしてくださったんですね。ありがとうございます。
テンポのある映画を見たい時にはちょっとこの『四月の雪』は違うようですね。本当に淡々としたお話しですから。
でも観に行かれるなら終わらないうちにどうぞ(笑)

投稿: キャサリン | 2005/09/30 22:07

水墨画のような・・・本当にそんな感じの静か~な
映画でしたね。
インスだけ見れればいいや!ぐらいの気持ちで見たん
ですが(笑)何回も見るうちに映画自体もどんどん
よくなってくるそうですね。
というわけで、来週2回目行ってきます(^^)v

投稿: スーザン | 2005/09/30 22:43

ねーさん
ソン・イェジンつながりで。
「消しゴム」見てきました。
まぁ外出より彼女はましですけど
やっぱりね、ウソンと合って無いので
期待してただけに、ちょっとがっかり。
いわしさんは(今回誘ってくれた)良かったと言っていました。
以上、あまのじゃくsayakaがお送りしました。

投稿: sayaka | 2005/10/01 00:22

スーザンさんおはようございます。
ははは・・スーザンさんも何度か行かれるのですね。
回を重ねて何か変化があったらぜひ教えてください。

天邪鬼なsayakaさん、おはようさんです。
そうですか・・・消しゴムもダメでしたか・・・
でもチョン・ウソンは良かったでしょ?

投稿: キャサリン | 2005/10/01 05:35

おはようございます!
私も、「四月の雪」、観ました。
とっても泣く映画なのかな~と思って、ハンカチ握り締めて観てたんですが、一度も使うことなく、いつの間にか終わってた、って感じです。
セリフが少ないせいか、全体的に静かで暗い雰囲気が漂ってる気がして、どちらかというと「頭の中の消しゴム」のイェジンの方が、透き通った綺麗さが感じられました。
スーザンさんは2度目を観に行かれるんですね~。何度も観れば
良さがわかるのかもしれませんね!

投稿: dejico | 2005/10/01 07:42

dejicoさん、いらっしゃいませ~☆
そうなんです、私も泣き所を見つけられなかったようです。
悪い映画ではないと思うのですがね・・・・・
ソン・イェジンに関しては全く持って同感です。
こっちの映画は泣けました。すごくよかったです。

ところで、BYJファンの方々は平均して何回ぐらい観に行く
のでしょうね。

投稿: キャサリン | 2005/10/02 01:31

こんにちは。

水彩画、良い表現ですね。
そんな感じでした。

『春の日は過ぎゆく』はあまり記憶にないのですが、『8月のクリスマス』はとても良い映画でした。

しかし、あんな真っ白な下着は、今時売っているのでしょうか・・。とちょっと考えてしまいました。

投稿: toe | 2005/10/03 12:39

toeさん、こんばんわ。
コメントありがとうございます。
そうですね。『8月のクリスマス』は私も好きな映画です。
ハン・ソッキュが押さえた演技の中にもきちんと感情をあらわしていて胸が熱くなりました。

確かに、あの下着はあまりにも真っ白で今どきの中学生でもつけませんね(笑)

投稿: キャサリン | 2005/10/03 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95449/6173194

この記事へのトラックバック一覧です: 「四月の雪」鑑賞:

» 四月の雪 [ネタバレ映画館]
 損害保険会社の社員教育用ビデオだったのかもしれない。  どちらが運転していたのかわからないから示談は難航。対人の自賠責保険は出るだろうけど、同乗者保険はどうなるんだ。強制保険とも言われるこの保険によって、死亡者には3千万円が支払われる。しかし、将来が有望視されている若者の場合、民事訴訟に持ち込まれて多額の賠償額を要求されることもある。それを補うための任意保険。加入していれば、搭乗者保険もあるだろうから、不倫の相手やペ・... [続きを読む]

受信: 2005/09/30 06:58

» 四月の雪 [シネクリシェ]
 静謐な恋愛映画という一語に尽きる作品。よぶんなものをつけ加えずに、ただそのこと一本に集中した作品として評価できます。  本国韓国ではあまり [続きを読む]

受信: 2005/10/01 05:44

» 四月の雪 [気まぐれdejico]
ペ・ヨンジュン、ソン・イェジン主演(今さら書くこともないな〜)の「四月の雪」、観てきました! 平日の午前中ということもあって、客席は半分ぐらいしか埋まってなかったかなぁ。rubyさんがナムジャの数を数えておいででしたので、私もちゃんとチェックしましたが、一人だけ!それも奥さんに連れて来られた感じの初老の男性。あと、友達に偶然会ったようで、「何度目?」と確認し合ってる人達もいました。きっと、... [続きを読む]

受信: 2005/10/01 07:43

» 四月の雪 [spoon::blog]
コンサート会場で照明のチーフ・ディレクターの仕事をしているインス(ペ・ヨンジュン... [続きを読む]

受信: 2005/10/01 12:55

» 四月の雪 [うぞきあ の場]
なんだかよくわからない・・・・。 ホ・ジノ監督が私に合わないのかもしれない。 “春の日は過ぎ行く”でも、 折角私の好きな、イ・ヨンエが出ているのに消化不良で、 でも、ソン・イェジンを観に行ったので、 今までになかった露出を観れたのはいいが、 ストーリーが何も抑揚がなくて、 淡々と、粛々と話が進んでいっただけで、 心に残る台詞もなく、 別にペ・ヨンジュンを特別観たかったわけ�... [続きを読む]

受信: 2005/10/02 00:01

» 四月の雪 [toe@cinematiclife]
我が地元の映画館は、平日ともなると作品によっては“ほぼ貸しきり状態”になることも多く、いつも“いつかつぶれてしまうのでは・・・(ーー;)”と心配になり、“もし、つぶれたら、私はどうやって生きていけばいいんだろう・・・”と本気で自分の心配をするおバカな私。 そんな我が地元にも、韓流ブームが押し寄せてきた。 レディースデイということもあってか、お姉さま方が多くの席を埋めていた。 <STORY> 舞台照... [続きを読む]

受信: 2005/10/03 01:08

» ラストシーンから始まる恋愛ドラマ◆『四月の雪』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
10月21日(金)TOHOシネマズ木曽川にて 友人の間ですごく評判が悪く、観ることすらもためらっていた『四月の雪』だったが、恐らくもうすぐ上映が終わってしまうだろうと思い、観に来た。金曜日のレイトショー。200席以上ある劇場内に、観客は20人程度だろうか。一人で観に...... [続きを読む]

受信: 2005/10/23 01:59

« 『ひとまず走れ』 | トップページ | ただ今停滞中・・・ »