« ラブレター第9話 ~カットシーン~ | トップページ | ここ半年で見たドラマ part2 »

『達磨よ ソウルに行こう』

daruma2
[制 作 年] 2004年
[原 題] 達磨よ,ソウル行こう
[ジャンル] コメディー
[脚 本] チェ・ソクファン,ユク・サンヒョ
[監 督] ユク・サンヒョ [第2作]

[出 演] 
シン・ヒョンジュン → イ・ボムシク (株)大陸開発 部長
チョン・ジニョン  → チョンミョン僧侶
イ・ウォンジョン  → ヒョンガク僧侶
イ・ムンシク    → テボン僧侶
ヤン・ジヌ     → ムジン僧侶
ユ・ヘジン     → マ・ヨンデ (株)大陸開発 課長
イ・ヒョンチョル  → ソン・サングン (株)大陸開発 チーム長 
[特別出演]
パク・シニャン   → チェギュ

*******************************************

シネマコリア2005 上映作品  於:イイノホール

本編が始まる前にユク・サンヒョ監督の舞台挨拶がありました。2001年に大ヒットした「達磨よ 遊ぼう」の第2弾として作られた作品。第1弾がヒットしただけに続編を撮るという事に負担はあったが「コメディーが撮りたい」と言う監督の意志の方が強く引き受けたとおっしゃっていました。コメディーが撮りたいと思って撮っただけはある抱腹絶倒でしかしながら人間の本当の幸せや生き方を考えさせてくれるような作品になっています。

PICT0040
まずはとにかく面白い!お坊さんのキャラクター、ヤクザたちのキャラクター、共に1人1人が個性的で笑わせてくれる。住職演じるチョン・ジニョンとヤクザから脱却したい不動産業社のシン・ヒョンジュンは「ガン&トークス」「アウトライブ」に続いて3作目の共演ですね。チョン・ジニョンは無骨な男の役がはまり役ですがここではそんな一面と共に真面目ゆえのおかしさのような演技を見せてくれています。「天国の階段」などで熱い心で人を愛する男の役の多いシン・ヒョンジュンもどこか憎めないこのヤクザの役柄がとてもよく似あっていていい味を出しています。脇役陣もとても脇役とは思えないような芸達者さで楽しませてくれ、特に「無言の行」を実行している僧侶役のイ・ムンシクにおいては主役を食ってしまうほどの演技力で背も低く決して美男子ではない彼が誰よりもキュートに描かれています。つい先日まで日本の昼ドラに出ていたヤン・ジヌ君も心の優しいナイーブな僧侶の役で出演しています。そしてジヌ君と淡い恋をする女の子にあのウォンビンと深キョンが共演した「フレンズ」でイ・ドンゴンの妹役としてでたハン・へジンちゃんが出ていました。d4e7a6809ef8306cec4ceebf568adc29
d0060137_9375963(これは「フレンズ」制作発表の時)

内容は山奥のお寺の住職と僧侶が老子様の遺品を届けるためにソウルのお寺に来てみたら住職はヤクザに借金をしてドンズラしていてお寺は差し押さえられている始末、そして図らずもそのヤクザたちからお寺を守ろうと悪戦苦闘する話。その中でヤクザと勝負をしたり宝くじに当たってみたりと僧侶でありながら人間の煩悩に身を任せる僧侶の姿が実に面白い。そしてヤクザでありながら一生をヤクザで終わりたくないと思いカタギの生活をしようと不動産屋になった「兄貴」とその部下達の悲喜劇。そしてこの全く反対の生き方をしている僧侶達とヤクザ達の奇妙なふれあいが実に良かったです。
人間の「欲」のあさましさ、騙すもの騙されるものの因果応報、普段は言えぬ「本音」なども描かれていてただ面白いと言うだけでなく心に残る映画だった。

キーワードは「缶の中の数珠玉」〜我欲を捨てたところに信心はありそこに幸せがある〜
daruma_10
daruma_5
daruma_7

                                      〜追記〜
第1作目の「達磨よ遊ぼう」に出演していたパク・シニャンが同じ役名で屋台のおじさんとして出演してます。「パリ恋」のギジュや「私のハートを奪ってみて」のソクチャンとは全然違うパク・シニャンが見られます。
そして上の写真にもありますがお坊さんとヤクザのカラオケ対決のシーンでヤン・ジヌ君演じる物静かな美僧「ムジン僧侶」がカラオケで般若心経を唱えているとそれがヤクザのたくらみでラップ調に変わってしまうところがあるのですのですが、それをこのムジン僧侶が一変してラッパーのようにこなしてしまいます。そこでほかの僧侶たちもかつらをかぶったりと大変おかしなシーンに仕上がっています。このカラオケルームでの対決は色々笑えるシーンがあり必見です。この「ラップ般若心経」(タイトルわかりません)はエンディングにも流れます。

   
  

|

« ラブレター第9話 ~カットシーン~ | トップページ | ここ半年で見たドラマ part2 »

韓国映画(た行)」カテゴリの記事

コメント

ピンクデジさん、こんばんわ~☆
面白かったですよ!すっごく!!
パク・シニャン氏はメガネなしでまくし立てるようなお喋り
バージョンでドラマとはまた違った一面が見られて嬉し
かったです。
「達磨よ遊ぼう」がどこかで上映されたら私も絶対見に行
くのにな~~~!

投稿: キャサリン | 2005/08/23 21:02

来る!10月8日(土)にムジンを演じたヤン・ジヌくんのファンミが開催される運びとなりました。

詳細は→TERRY LOVE BY ほたる←ブログサイトで説明されております。

投稿: うどん | 2005/09/03 03:41

うどんさん、はじめましてですよね。
ジヌ君のファンミが10月に行われるんですか。
この「達磨・・・」の映画は見られましたか?
ベテランの俳優さんにましって好演していましたね。
これからも頑張って欲しいものです。

投稿: キャサリン | 2005/09/03 06:42

●Re:をありがとうございます。●
再度お詫びとお願いに伺いました。昨夜は
深夜の乱入・・・本当に無礼な振る舞いで反省して
おります。申し訳ありませんでした。
お詫びをして置きながら、大変に恐縮なのですが、
もしお友達にヤン・ジヌさんのファンの方が
いらっしゃいましたら、お知らせ下さいませんか?
最低400人、集めなければならないのです。
昨夜とは一転、大阪会場開催も復活となりました。
10月8日/東京・10月9日/大阪
詳細の発表はこれからです。宜しくお願い致します。

実生活もあり、ブログの運営は大変だと思いますが、
是非どうか、続けて下さいね。

追記:所用で泣く泣く、チケットを申し込めませんでした。
只今、お経ラップ聴きたさに、inno.でO.S.Tを注文中。
DVDはハングル〝?〟状態で、英語の字幕を追うのも
煩わしいので、検討中です。日本人なので。

投稿: うどん | 2005/09/03 20:00

うどんさん、おはようございます。
ジヌ君ファンって私の周りにもボチボチ出てきてますよ。
400人なら集るんじゃないかしら・・
とりあえず我が友人達にも情報流しておきますね。

投稿: キャサリン | 2005/09/04 08:26

キャサリンさん、皆さん、あんにょん♪
お久し振りです!
「達磨よ、遊ぼう!」を見てから、「達磨よ、ソウルに行こう」を見ると続きって感じでより、楽しめますよね!
僧侶とヤクザの対決は、変な対決ばかりで面白かったです。
ヤンジヌさんのラップ面白かったですね!
ジヌさん弾けた演技してるの初めて見ました。
演技派の役者さん揃いでしたね!

投稿: 青き星 | 2006/09/20 08:44

青き星さん、こんにちは~
コメントありがとうございます。
お坊さんとヤクザが対決するってだけでも面白いのにその種目がまた振るってましたね。
ヤン・ジヌ君は丸坊主にしてもきれいな顔してますよね。ラップはなかなかお上手でした(笑)
またお立ち寄りくださいね~

投稿: キャサリン | 2006/09/23 15:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95449/5561849

この記事へのトラックバック一覧です: 『達磨よ ソウルに行こう』:

» 達磨よ、ソウルへ行こう [ゆき日和☆opportunism]
「天国の階段」のシン・ヒョンジュン、「ヤ・ク・ソ・ク」のヤン・ジヌほか「パリの恋 [続きを読む]

受信: 2005/08/21 23:07

» 『達磨よ、ソウルへ行こう』 [今日も映画、明日も映画♪]
   シネマコリア2作品目、『達磨よ、ソウルへ行こう 』を鑑賞~。 story  山奥の修行寺から、大僧の形見の品を届けるためにソウルへやってきた僧侶チョンミョン(チョン・ジニョン)たちが、借金に苦しむソウルの伝統寺を守るため、不動産業者ボムシク(シン・ヒ... [続きを読む]

受信: 2005/08/21 23:55

» 達磨よ、ソウルへ行こう [シネまだん]
監督:ユク・サンヒョ 出演:チョン・ジニョン シン・ヒョンジュン イ・ウォンジョン イ・ムンシク  8点 豪華な出演陣が奏でる、おバカなほのぼのストーリー  チョンミョン達 山寺の僧侶は、老師の形見を届けるためにソウルまでやってきた。ところがソウルの寺....... [続きを読む]

受信: 2005/08/30 22:04

« ラブレター第9話 ~カットシーン~ | トップページ | ここ半年で見たドラマ part2 »