« ガラスの華 第20話 | トップページ | 『達磨よ ソウルに行こう』 »

ラブレター第9話 ~カットシーン~

★ウナが教会に入ってきて着席した後、神父さんと囲碁をしているシーンの前にあのとぼけたシスターと太ったおばさんとの会話があります。
(以下シスターとおばさんの順に)「さつま揚げ無い?ウナの好物なの」「シスター、頼むからすわってて。ウナはずっとここに住むから落ち着いて」「だって2年ぶりなのよ。ああ!私がおかずを作らなければ良かった。私が作ったらまずくなっちゃうでしょ。ウナが居る間は私絶対料理しないわ!」(そして呆れ顔のおばさんが)「あれこれ理由をつけて投げ出すんだから」「もう!早くウナを解放してよ。神父もひどいわ。子供達を独り占めしてさ、テソクが来た時もそうよ!腹が立つわ!私たちはいつも貧乏くじ。」「久々に囲碁を打ちたいのよ。気長に待ちましょ夜はまだ長いの」とこの言葉にシスターもにっこりして囲碁のシーンへ。

★イタリアの教会で韓国人の司祭がアンドレアの元を訪ね部屋で話すシーン。
すずらんの花がお母さんと愛した女性の好きな花と話した後にアンドレアが 「過去は乗り越えました」 と言うと司祭が頷きながら 「お母さんと女性か・・・。出生も愛も乗り越えたのなら後は死を残すのみだな。それで医者になろうと・・・?でもな、アンドレア修士、乗り越えるわけではない経験するに過ぎないんだ。」と話します。   
そして、この言葉の後にウナのレントゲン写真が映ります。

★ウナがウジンのお母さんとソファーで手を取り合って再会を喜ぶシーンの前に病院の廊下にあるソファーに座っているウナを見たお母さんが少し驚きながら微笑むシーンがあります。
部屋で今までの事を話し二人が抱きしめあった後、夜の街をふらふら歩くウジンの姿の前に大きなカットがありました。
病院の廊下を歩いてくるウジン。その反対側からお母さんとウナが歩いてきます。「もう帰るの?ウナが来たのよ」「・・・・」言葉も無く二人の横を通り過ぎようとするウジン。「ウジン!」と母。さらにウナも「ウジン!」と言ってウジンの腕を掴みます。「できれば俺の前に現われないでくれ。それくらい気を使え」「ウジン、何を言うの?」と母。「母さんも会うな。過去の縁なんて切るべきだ。母さんがこうだから父さんはアル中に・・」と言うウジンに「なんて事言うの!」とウナ「君には関係ない!二人とも俺なんかとは無関係だろう!」その言葉にお母さんが「ウジン・・」と言うと「その名は呼ぶな!誰を思っているのか不安になるから!」と、ここでお母さんがウジンの頬を打ちます。そしてウナに謝りながらその場を立ち去っていきます。
「ウジン!」「離せ!」「ごめんね。私のせいよ、貴方は悪くない。だからこんな風に荒れないで・・・・。ね。」と優しく言うウナに「離せ!」とつめたい視線をウナの投げかけ立ち去ります。

そして場面が変わって大学時代からの友人(男女)とバーでお酒を飲んでいるシーンになり友人(男)が「本当に良く飲むな。まるで底なしだ。医者になれば恋人ができると言われたのにお前が一緒じゃ無理だ。もう死ぬほど飲んでやる!」と言うと友人(女)が酒瓶を取上げて「もう辞めて、飲みすぎだわ」と止めます。「平気さ、父親が酒飲みだから俺もこの程度じゃ酔わない。」と取り合うどころかさらにお酒をグラスに注いでしまうウジン。友人(女)がすかさず、「お酒はウナのせい?」「誰から聞いた?」「ウナから電話が・・・。それで荒れてるの?最近飲んでばかりいるのはウナのせい?・・・ウジン?」「つまんねえ!、先帰る。後は二人で・・」と言ってバーを出て行ってしまうウジン。その姿に友人(女)もお酒を一気飲みして「どうした?お前まで・・・?」と友人(男)に言われます。そしてウジンが夜の街を歩くシーンへ。

*ここのカットは長かったですね。病院の廊下のシーンで今でもお母さんとウジンの間の溝が埋まっていない事がわかるのでここはドラマの流れとしてカットしないで欲しかったように思います。

★ユリの部屋でユリが音楽がどんな感じなのかウジンに尋ねるとウジンがユリの手をとりダンスをするシーンがありますがそれには続きがあります。踊っているところへお母さんが入ってきて「いい光景ね。今日は病院を休むわ。父さんの所へ行くの。」とウジンに言います。ぎこちなく微笑むウジン。するとユリが手話で「お母さん、お父さんを連れて来て。」と言います。
それに母が「父さんは論文が終わるまで帰れないの。週末に会いに行こうね。貴方も一緒にどう?」とユリに答えながらウジンに問い掛けます。「ああ・・」と頷くウジン。その言葉に「わかったわ。病院の事頼むわね」と嬉しそうに答えるお母さん。するとウジンが「母さん、いつかウナと一緒に食事でもしようよ。それか父さんに会いに行ってもいい?」と問い掛けます。「そうしましょ。日にちを決めといて、ありがとうウジン」と嬉しそうに微笑むお母さんでした。

そしてお母さんがお父さんの家を訪ねていくと家の中は静まりかえっていてお父さんは真っ暗な部屋で一人古い映画を見て涙ぐんでいました。その後、釣りをしているお父さんのシーンへ行きます。

*********************************************
今回のカットは以上です。
ウジンとお母さんのかかわりの部分がかなりカットされていました。

|

« ガラスの華 第20話 | トップページ | 『達磨よ ソウルに行こう』 »

韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

キャサリンさん♪
こんばんは! 
この作業をブログアップするの 大変ですよね.....
私はMXTVのみ の視聴なのでカットシーンたすかります。
また、立ち寄ります。

投稿: アジシーじゅん | 2005/08/24 01:54

じゅんさん、コメントありがとうございます~
MXTVは某民法の放送よりはカットが少なめですが
それでもちらほらあるようです。
頑張ってUPしますのでまた来てくださいね。

投稿: キャサリン | 2005/08/24 08:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95449/5545855

この記事へのトラックバック一覧です: ラブレター第9話 ~カットシーン~:

» 韓国ドラマ『ラブレター』9話みましたぁ! [韓ドラのたまり場]
韓国ドラマ『ラブレター』9話.....『新しい愛へ』 アンドレア(チェヒョンジェさん)がイタリアに旅立って数年後から.....ウナ(スエさん)は韓国に戻り、チョンウジン(チジニさん)さんと再会!  冒頭のシーンでウナ『お久しぶり』のセリフの後.....チョンウジン............ [続きを読む]

受信: 2005/08/24 01:53

« ガラスの華 第20話 | トップページ | 『達磨よ ソウルに行こう』 »