« ガラスの華 第5話 | トップページ | 「美日々」ファイナルコンサート »

ガラスの華 ドンジュの名言(迷言)

ガラスの華も5話まで進みましたがたった5話の中にもハン・

ドンジュのいくつかの名言(迷言)がありました。

その中でもジスへの言葉を集めてみました。

§ 第3話より §

~レストランで食事をしながら~

「一行の手紙に胸が震え、一本の電話に張り裂けそうになり

 誰かとの約束に世界を手にした気分になる・・・」

~テーブルの花に目を移しながら~

「青いバラか・・・君のように特別だ」

~走り始めたバスの窓越しに~

「今度は何も預けないよ。会いたいと言う気持ちだけ

 預けておく・・」

§ 第5話より §

~教会でジスと再会して~

「どうしよう・・・ 二度とこの手を離せそうにない」

「もう離さない。それで神様に罰を受けようと。

 君をつかまえたこの手を二度と離さない・・・」

とまぁこんな具合に一歩間違えば「さむ!!」って言われそう

ですが、ドンゴンさんがあの顔で言ってくれるのでいいんです。

************************************************

韓国のドラマってよくブームになるような言い回しが出てきますね。

最近では「パリ恋」でスヒョクの「イアネー ノイッタ」(この中に

君がいる)とテヨンの手を自分の胸に当てさせていった言葉です。

それからギジュの「エギヤ カジャー」(ベビーちゃん行くよ)ですね。

字幕では「ハニーちゃんおいで」でした。

そんな中、パリ恋の中で私の好きなセリフはこれでした。

~スンジョンに「恋してるわね」と言われて~

「恋だって・・・それはどうやってする・・・・?」

「一緒に食事して、家まで送って、頼まれなくても助けてやろう

として深手を負わせない為のかすり傷のつけ方に悩む・・・・」

「それが恋か・・・・ だったらしてるよ。」

このセリフ、別にロマンチックではないしましてやテヨンに語った

訳でもないのですが それまでのハン・ギジュの生き方が現れ

いるようで好きなんです。初めての恋の苦悩ですよね(笑)

さて、ガラスの華ですが6話以降も迷セリフあるんでしょうねきっと☆

|

« ガラスの華 第5話 | トップページ | 「美日々」ファイナルコンサート »

ガラスの華」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、ゆきともうします。
ガラスの華は観ていないのにコメントしてしまいました。
確かに韓国ドラマって台詞が詩的だったりしますね。
パリの恋人は観ていたのですが、スンギョンとのやりとりあたしも好きです。
また、おじゃまさせてください(^_^)/

投稿: ゆき | 2005/05/07 22:49

ゆきさん、はじめまして。
コメント残してくださってありがとうございます。

日本のドラマで言ったらキザ過ぎて引いてしまうよ
うなセリフを韓国ドラマはさらっと言ってのけますね。さすが東洋のイタリア人といわれるだけあると
思ってしまいます(笑)

これからもどんどん遊びにきてくださいね。

投稿: キャサリン | 2005/05/08 05:15

おはようございます、ピンクデジさん。
あの弾き語りは素敵ですよね。
あのあとCMでもPSY氏は弾き語りしてます。
ご自分の映画でも歌ってるし、好きなんで
すねきっと。

PSY氏、確かに年の割にはチャーミングですね。
ピンクデジさんはPSYウィルスに感染しちゃった
ようですね(笑)

投稿: キャサリン | 2005/05/09 05:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95449/4023565

この記事へのトラックバック一覧です: ガラスの華 ドンジュの名言(迷言):

» 「ガラスの華」でブログ検索してみました。 [日刊カタログ]
「 ガラスの華 」の検索結果で、「お気に召すまま .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。 [続きを読む]

受信: 2005/05/17 22:11

« ガラスの華 第5話 | トップページ | 「美日々」ファイナルコンサート »